名ヴァイオリニストのパガニーニ

公開日: : ヴァイオリンの小話

皆さんは「パガニーニ」をご存知ですか?

ヴァイオリンに興味のある方でしたら名前くらい聞いたことがあるかもしれません。

ニコロ・パガニーニは、1782年イタリアのジェノヴァに生まれ(1840年フランスのニースで没し)ました。

長身で腕も長く、指はクモの足のようでした。

また、その指は非常にしなやかな関節と強力な筋肉でできていました。ファーストポジションに手を置いたままサードポジションを弾く事が出来ました。

肩は幅広く、筋肉が柔らかだったので、あご当てなどを使う必要が全くなかったといいます。

パガニーニは「あご当てを使わずにヴァイオリンを演奏した最後の名ヴァイオリニスト」とも言われています。

5歳の頃からヴァイオリンを習い始め、13歳の時には、すでに人から学ぶものはないほどに上達していました。

パガニーニは、それまで誰も思いつかなかったような奏法を考えて、自ら練習曲を作って新技法の習得に励みました。「24のカプリス」などです。フラジオレット、重音奏法、左手のピッツィカートなどの特殊テクニックは、パガニーニによって極限まで磨き上げられました。

「ラ・カンパネラ」のメロディは、同時代、後世の作曲家も刺激して「パガニーニの主題による〜」という曲もたくさんあります。

パガニーニのコンサートは大変な人気だったという事が描かれている絵

また、歴史上、多分最高の「ヴァイオリンコレクター」は、パガニーニだと言われています。

1994年、に日本音楽財団がアメリカワシントンのコーコラン美術館から「パガニーニセット」と呼ばれる弦楽四重奏用のストラディヴァリスの4挺のストラディヴァリスを購入した時の値段は1500万ドルだそうです。

パガニーニの曲を弾き始めると、とにかく左手指を開く開く(*≧∀≦*)…音階練習でオクターブを1(人差し指)と3(薬指)、2(中指)と4(小指)でとる練習が役立つ感じです。

パガニーニの作品は「ほど遠い存在」に感じるものも多いですが、、スズキメソッドの初級本にもパガニーニ「妖精の踊り」の曲が入っています。軽やかで華やかなヴァイオリン曲です。

皆さんもパガニーニに親近感を持って何かを学びとってくださいませね♪

関連記事

ヴァイオリンの弓が弾むのは

「弾いている途中で弓がはずんでしまうのは何故なんですか?」 と言う生徒さん、珍しくありません

記事を読む

ヴァイオリンのボーイングテクニック

ヴァイオリンのボーイング(奏法)には、いろいろな名前が付いています。 その用語の意味を意識し

記事を読む

ヴァイオリンのスピッカート&スタッカート

「スピッカートが出来るようになったんです!」 と嬉しそうな笑顔のSさん。 スタッ

記事を読む

ヴァイオリンのロングトーン

ロングトーンは「弓の端から端まで 弓の圧力をコントロール出来るようにするため」の練習します。

記事を読む

ヴァイオリンのグリッサンド

「gliss.」と記される「グリッサンド」は、ヴァイオリンの指板に一本の指を置いて、それを滑らせて

記事を読む

ヴァイオリンは「大きな音で」

とにかく最初は、大きい音で弾くことが大切です。 少々きれいでなくても構いません(きれいな音に

記事を読む

ヴァイオリンの左腕

ヴァイオリンを構えた時、左腕上膊部(じょうはくぶ:肩から肘までの部分)が、体に付かないようにします

記事を読む

ヴァイオリンの左手首

ヴァイオリンの左手首と腕を直線にすることが基本です。「手首に定規が付くように」と表現することもあり

記事を読む

オーケストラの弦楽器

オーケストラの楽器の配置は時代や地域によって違うことがあります。 昔は、指揮者の左手から「第

記事を読む

バッハのヴァイオリン 2

二十世紀の後半までは、バッハの楽譜でも有名なヴァイオリニストや教師が校訂(スラーや強弱を独自の解釈

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner banner
PAGE TOP ↑