ヴァイオリンオンラインレッスン 2

公開日: : オンラインレッスン

「本当はレッスンにお伺いしたいのですが、家族が心配しているのでオンラインレッスンでお願いします。」

と、Kさん。

前回のレッスン時にKさんにお伝えしていた「オンラインレッスン時のポイント」。

1 : i-Phoneを、ヴァイオリンを弾いている自分の左手右手が画面に映る位置にセットします。(はみ出る場合は、i-Phoneから一歩遠ざかってみてください)

2 : レッスンが始まる前に調弦を済ませておきます。

3 : 使う楽譜、鉛筆、消しゴムも用意しておくとスムーズです。

オンラインレッスンは一時間のレッスン時間をフルに使えるのが魅力です。

Kさんは今回のレッスンで「カイザー 36のエチュード 9番」を速めのテンポで弾くのが課題でした。丁寧によく練習していらっしゃいました!

曲は「ザイツ作曲 コンチェルト第2番 第2&3楽章」でした。

第2楽章はビブラートの練習をメインに、「フルビブラート」で弾きました。開放弦はオクターブ上の音にビブラートをかける方法で、とにかく「ビブラートをかけ続ける」ようにします。

Kさんのビブラートをかける手の動作は、ほぼ良好ですので「とにかくビブラートを使う」のが習得の早道です。

また、Kさんは先日のレッスン時

「ステイホーム週間で、私はヴァイオリンを弾くのが楽しみなので、少し高級ですが人気のヴァイオリン弦に張り替えることにしました。」

とエヴァ・ピラッツィーに張り替え、Kさんのヴァイオリンはワンランクアップの良い音色に変わり、練習もより楽しくなったそうです。

関連記事

ヴァイオリンオンラインレッスン 3

ヴァイオリンの「オンラインレッスン」4回目のHさん。 スマホの位置も毎回工夫して、より快適な

記事を読む

ヴァイオリン「オンラインレッスン」始めました

いかがお過ごしですか? 今回はご案内です。 4月12日より(数名の生徒さんたちのご希望

記事を読む

ヴァイオリンオンラインレッスン4

「オンラインレッスン」を始めて5回目のYさん。 Yさんは、ヴァイオリンの「基本の構え

記事を読む

ヴァイオリンオンラインレッスン 1

まだまだ工夫や改良した方が良い点、多いです。 最大な魅力は「外出しないで済む」ことかと思いま

記事を読む

ヴァイオリン「オンラインレッスン」4

オンラインレッスンは基本「LINE」で行っています。 ところが先日ちょっとした接続不良があっ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner banner
PAGE TOP ↑