バッハ「無伴奏ヴァイオリン・ソナタ」

公開日: : 最終更新日:2021/02/22 ヴァイオリンの小話

ヨハン・セバスチャン・バッハ (1685~1750) 作曲「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ&パルティータ」は、現在ではヴァイオリン音楽の最高峰にある傑作として有名ですが、この曲の本当の魅力が知れ渡るようになったのは、20世紀に入ってからです。

そうはいっても、その存在が全く知られていなかったわけではありません。バッハの生存中に多くの写譜がなされているので、どちらかといえばバッハの作品の中では人気のあった曲でした。

どんな優れた音楽でも、それを聴く人の時代の感性や流行に合わないものは、なかなか理解されにくいことがあるようです。

バッハの没後、音楽の流行がガラリと変わり、バッハの作品もほとんど忘れられてしまいます。

19世紀後半に、メンデルスゾーン (1809~1847) がバッハの作品を発見、メンデルスゾーンを中心にバッハ復興の運動がおこり、「マタイ受難曲」など数々の傑作が再発見、再上演されました。メンデルスゾーンは、この無伴奏ヴァイオリンのための名曲もスポットライトを浴びるべきだと考えて、友人のフェルディナンド・ダーヴィト (1810~1873) に話を持ちかけますが、ダーヴィトは頑固にこれを拒否しました。理由は「ヴァイオリニストがステージでたった一人で演奏するなんてとんでもない」ということでした。

そこでメンデルスゾーンは考えて、「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ」の中の一曲である「シャコンヌ」にピアノ伴奏を付けた楽譜をもっていきました。それを見たダーヴィトはようやく納得して演奏を引き受けたそうです。

メンデルスゾーンとダーヴィトによるピアノ伴奏付きの「無伴奏ヴァイオリンソナタ」の演奏会が行われたのは1840年5月のことで、これを聴いたシューマン (1810~1856) は大変関心し、後に自ら全6曲にピアノ伴奏を付けて出版しました。

ヴァイオリン一本で一つの世界を創るというこの曲の素晴しさが本当に理解されるようになったのは、19世紀のドイツ最大のヴァイオリニスト「ヨーゼフ・ヨハヒム (1831~1907) が愛奏し、できる限り演奏会でも取り上げてその普及に務めてからです。ヨハヒムはは理論をメンデルスゾーンに、ヴァイオリンをダーヴィトに学び、シューマンとは親友として交際していました。

1892年頃、ある偶然の事情で、それまで所有者以外には知られていなかったバッハの自筆譜に出会います。その頃まで出版されていたものは、実はバッハ時代の写譜をもとにしているだけでなく校訂者の解釈または変更が加えられたものばかりだったのです。

ヨハヒムはこれらの誤りを正しいものにするため、発見された自筆譜による校訂を行いました。出版はヨハヒム没後1908年です。この頃からようやくバッハの無伴奏ヴァイオリンソナタが世界中のヴァイオリニストのレパートリーに加えられるようになりました。

最近では『バッハ作曲 無伴奏ヴァイオリンソナタ&パルティータ』は原典版に「自分のボーイングとフィンガリングを書き込む」方法で取り組むヴァイオリニスト&学習者が多いようです。

関連記事

ヴァイオリンの肩当て

少しでも快適にヴァイオリンを弾きたいと工夫しているYさんが、ネットで見つけた肩当ては、高さ(厚み)が

記事を読む

コンサートに向けて

「この弦はまだ使えますよ。」 と、弦楽器職人のYさんのお言葉で、今回は替えずに…と思っていました。

記事を読む

ヴァイオリン奏法

私(講師)の恩師の師でもある「イヴァン・アレクサンドル・ガラミアン(1903〜1981)」。

記事を読む

ヴァイオリンの音程 1

弦楽器の音程は指板の上に築かれていきます。 ハイポジションは、まず指板の低いところに基準音を

記事を読む

大人になってからのヴァイオリン

このところ数件あったお問い合わせに 「新型コロナのステイホーム中に『ずっと弾いてみたかったヴ

記事を読む

ヴァイオリンの読譜

楽譜を読む能力を『読譜力』と呼びます。「読譜力」には様々レベルがあります。 その違いは大きく

記事を読む

ヴァイオリンのスピーカー

ちょっと前ですが、弦楽器店で、ヴァイオリン(などの弦楽器)がスピーカーになっている珍しい機器を見せ

記事を読む

バッハのヴァイオリン 2

二十世紀の後半までは、バッハの楽譜でも有名なヴァイオリニストや教師が校訂(スラーや強弱を独自の解釈

記事を読む

ヴァイオリンのドラマ:G線上のあなたと私

今日レッスンのCさん。 「クリスマスコンサート」に向けての準備もしていらっしゃいます。

記事を読む

アウトドア・ヴァイオリン練習♫

この週末はお天気に恵まれて、気持ちが良かったですね! こんな日はヴァイオリンを持ってお出かけ…でも

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner banner
PAGE TOP ↑