サマーコンサートに向けて 1

公開日: : 最終更新日:2016/06/08 未分類

6月に入り「サマーコンサート」(7月23日予定)が来月に迫ってきました。

いつもコンサートに「前向きに」参加していらっしゃるRさん。

今度は(前回「スプリングコンサート」で前半部分を演奏なさいました)「アッコーライ作曲 コンチェルト」を最後まで弾く予定で頑張っていらっしゃいます。

IMG_5244

今回のレッスンで、初めて最後まで通して弾いてみました。

最後の方はまだ譜読みもしたばかりですが、Rさんは集中力も持続して弾き通しました。

「この曲は始めのページが1番難しいということがわかりました。ガンバリます。」

6ページにわたるこの曲の冒頭は「リズム」「音程」が難しい箇所が多いです。ポジション移動する時は「軸指の移動」にポイントを置いて練習すると確実に音程がとれるようになるかと思います。

関連記事

ヴァイオリンと時間

この前、生徒さんが「遊んでいる時はあっという間に時間が過ぎるのに、ヴァイオリンの練習をしている時はゆ

記事を読む

ヴァイオリンレッスンの「おすそわけ」

先日講師が受けたレッスンでの課題「右手のテンション」。 早速生徒の皆さんに「おすそわけ」です。

記事を読む

ヴァイオリンの曲をBluetooth(ブルートゥース)で

Bluetooth はワイヤレス スピーカーのことです。 一昨日、新宿の電気量販店で買ってきました。

記事を読む

ヴァイオリンの軸指

今週のレッスンは、どの生徒さんも「軸指(じくゆび)...大抵の場合左手人差し指、1の指」を意識して音

記事を読む

コンサート後のヴァイオリンレッスン

着実にヴァイオリンのテクニックが上達してきているCちゃん。 「スプリング・コンサート」では「ス

記事を読む

ヴァイオリンの重音

ヴァイオリンの重音:和音をきれいに響かせるのには、よく調弦をすることが大切です。左手の指が正しい音程

記事を読む

ヴァイオリンの二重奏

ヴァイオリンの二重奏曲は(ピアノに比べ)あまり多くありません。 その中でも「バッハの二

記事を読む

ヴァイオリンのヴィブラート

ヴァイオリンのヴィブラートは、2種類あります。 「腕からかける:アーム式」ヴィブラートと、「手

記事を読む

コンサートで「いつものように」弾くには

「とにかく練習する」というのは、もちろんです。大切なのは「毎日の基本練習で基本能力を上げておく」こと

記事を読む

ヴァイオリンの左指先

弦と指が接する場所は一定ではなく「速いパッセージを弾く時は指を少し立てる」「幅の広いヴィブラートをか

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner banner
PAGE TOP ↑