ヴァイオリン選びも

公開日: : 最終更新日:2015/08/10 未分類

(聞いたことがある話ですが)素晴らしい楽器を割安で手に入れたヴァイオリニストがいます。ちょっとしたチャンスや幸運を見逃さなかった本当にラッキーな人です。

ヨーロッパの「蚤の市」で、ものすごい名器を驚くような安価で買ったとか…。

私もそれを期待して「蚤の市」を覗いてみましたが、やはり楽器を判断するのには、それなりの知識がないといけないので、とても無理(買う勇気が湧かない)でした。

「蚤の市」は、現在では「ネットオークション」ですね!

ネットは多かれ少なかれ幸運を祈る感じです。

一台目のヴァイオリンでは、期間の余裕があまりないのですが、それでも私を含め生徒さんたちを見ていると、一番のチャンスはこれ。

知り合いに楽器を手放したがっている人を見つけること

例えばですが、ある子どもがヴァイオリンを習っている場合、その子が上達するにしたがって、楽器を買い替える時期がやってきます。特に分数ヴァイオリン(子供用に小型に作られたヴァイオリン)は、身長が伸びると、いずれは要らなくなるなります。また、その子がメキメキと上達してコンクールに出てみようということになると、楽器もグレードアップしたくなるかもしれません。

あるいはヴァイオリンを弾いている人が、ある日ヴィオラに転向することになれば、高級なヴァイオリンを持っている意味がなくなるかもしれません。それぞれのタイミングで、弾かなくなった楽器を「リーズナブルな価格で人に譲りたくなる可能性があるわけです。

とはいっても楽器選びの基本は

専門店を出来るだけ多く見ること

です。そこでポイントになるのは、◯◯弦楽器店の◯◯店員さん(店長さん)とどのようにして仲良くなるかということです。信頼できる弦楽器店の方と仲良くなれば、いろいろと役立つ情報を得られるかもしれません♪

IMG_5053

関連記事

ヴァイオリンの左手の形

安定した音で弾くには、左指が正しいフォームで、常に正しい位置(音程の正しいの場所)に指を置くことが必

記事を読む

ヴァイオリン教室に休日に

今日は銀座に行ってきました。 生徒さんが演奏する予定の「シューベルト作曲 弦楽四重奏曲 『死と

記事を読む

ヴァイオリンのあご当て

今月、実に8回目のレッスンのCさん。とても熱心にヴァイオリンに取り組んでいらっしゃいます。 今

記事を読む

ヴァイオリンの左指

左指のテクニックも、だんだん高度になっていくにつれて「左指の基本の形がどれだけ良い形を習得しているか

記事を読む

ヴァイオリンの二重奏

ヴァイオリンの二重奏曲は(ピアノに比べ)あまり多くありません。 その中でも「バッハの二

記事を読む

レッスンの合間に♪

当教室のレッスン室で行う、講師自身の「ミニ リサイタル」。 アメリカから帰国するまでは、ホール

記事を読む

ヴァイオリンでロングトーンを

ヴァイオリンでロングトーンを練習するのは、弓の圧力をコントロール出来るようにするためです。大切なのは

記事を読む

ヴァイオリン教本の短音階

ある音楽を聞いていて、その音楽が「楽しい」とか「悲しい」「明るい」「暗い」と感じることがあるかと思い

記事を読む

ヴァイオリンケースを

ヴァイオリンの楽器自体を変えなくても、ケースを新しくしたり、付けているキーチャームを変えるだけでも、

記事を読む

ヴァイオリン教室のピアノに

つい先ほど、オーダーしていた「ピアノカバー」が届きました!これで「ピアノの日焼け」を気にせずカーテン

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner banner
PAGE TOP ↑