ヴァイオリンの基礎力アップ「弓を持つ手」

公開日: : 未分類

「右手の末関節に弓をのせて」

「親指は、ふわ~っとまるく置く感じで」

これは、初めて弓を持つ時から何度も繰り返して習得するポイントです。

 

今回は、実際に弦に弓をのせて擦っていく時の「右手親指の対圧」について。

弓を持つ時に上にのせる4本の指に対する下からの親指の圧力は、弦に対する弓の圧力の加減や弓の使う位置によって変わります。元弓で弾く時は、親指はとても軽く弓に接し、先弓で弾く時には、親指は他の指の下向きの力にしっかりと対抗します。この時大切なのは、弓の使う位置が元でも先でも、対圧はそれぞれ最小限であることです。このように対圧を無意識にかけられるようになると、スムーズに演奏できます。親指が硬くなる原因は対圧のせいではなく、対圧が必要ない時でも親指をゆるめないからです。

弓に対して親指を45度の角度に置くと、親指の内側の先が接し、親指の外側は毛箱の方を向きます。親指は反らないで、丸い感じになっているようにします。

元弓で人差し指が ちょうど弦の上にくるように弓を置き、親指と人差し指だけで弓を持ちます。

ゆっくりと出来るだけ深く弓の木の部分(竿)に重みをかけます。弦に強い圧力がかかっても、親指は軽くリラックスさせておきます。

弓を1cm弓先に向かって移動させます。そしてゆっくりと出来るだけ深く竿に重みをかけます。親指への対圧が少し増えることが感じられるかと思います。

親指と人差し指だけで弓を持ったまま、1cmずつ動かしながら全弓にわたって弦に重みをかけます。親指にかかる対圧の度合いの変化を感じましょう。対圧が一番増えるのは先弓で弾く時です。

関連記事

ヴァイオリンでバッハ

「バッハには、ヴァイオリン奏法の基本がいっぱい入っていますから、とても良い勉強になります。」 これ

記事を読む

クリスマスコンサートに向けて 4

昨日弓の毛を洗ってもらい(毛替えとは違って新しくはないのですが)ずいぶん弾きやすくなりました。今朝練

記事を読む

新しいヴァイオリン曲を見る時は

「最初から、メリハリのある演奏になるような練習をすることが大切です。」 恩師の言葉です。

記事を読む

クリスマスコンサートに向けて 8

クリスマスツリーを飾りました♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪ (当教室の「クリスマスコンサート」はレ

記事を読む

ヴァイオリンを良い音に

ヴァイオリンで良い音を出すには、まずその「ヴァイオリンの良い音色」が聞き分けられるのがまず第一段階。

記事を読む

久しぶりのヴァイオリン♪

自国に帰っていらしたAさんとOくん。先週日本へ戻っていらっしゃいました。 O君は「日本に帰って

記事を読む

ヴァイオリンの音程を聞く時

人気ヴァイオリニスト、五島龍のお母さんが「龍君に絶対音感があることが判ったから、ヴァイオリン

記事を読む

ヴァイオリン教室の大家さん

今朝は(久しぶりに)大家さん…といっても同じ建物内に住んでいる伯母にあたる方ですが…に朝食を届けまし

記事を読む

ヴァイオリンの音階

「小野アンナ 音階教本」は、ヴァイオリンを始めて数ヶ月の方でも分かりやすく書かれています。まず最初に

記事を読む

ヴァイオリン教室の外

レッスン室からは見えないのですが、同じ敷地内の「藤棚」が見ごろです。 その他にも「シャ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner banner
PAGE TOP ↑