ヴァイオリンの美しいボーイング

公開日: : 未分類

「ボーイング」というのは、弓で弦をこすって音を出す、この弓の運びのことです。英語では「弓を動かすこと」です。

ヴァイオリンを弾くのは、全身運動です。足、腰、腕、手首、指などの動きを上手に連動(連携)させて、美しいボーイングを習得していきます。美しいボーイングからは、美しい音が生まれます♪

ヴァイオリンを始めたばかりの方ばかりでなく、ある程度弾けるようになっている方でも、難しいパッセージになると、ギコギコした音が出てきてしまうのに困る人は多いと思います。これは余分な力が入っているから…弓のスピードに対して腕の重み(圧力)が多い…ということです。

 

この余分な力を抜く、つまり脱力は、その「脱力が出来ている状態を体験し、その状態で出ているヴァイオリンの音を知る」のが一番です。私の恩師は、このヴァイオリンの音を「これが、心の音です。」と教えて下さいました。この「心の音」は、豊かな響きです。心に染み渡る感じです。

この音を基本として、もう少し芯のある、つややかな音にするのに役立つのが「弓の体操」の4つ目…(指をせわしく動かして)指を弓につたわせる練習です。

これは「つたい弓」という名前があります。

この練習は、慣れないうちは弓を落としてしまうかもしれないので、ご心配な方は、ホームセンターか、100円ショップに売っている「朝顔の支柱」などで代用しても良いです。

image

練習の仕方は、弓を竿をつまむようにして持ち、「シャクトリムシ」のように上下に指を移動させます。この時、「親指」対「他の4本…人差し指、中指、薬指、小指」で動かします。弓を持つ手の形に近い状態です。

この練習をすると、指先が弓に吸い付く感覚がついていくのがお分かりになると思います。この吸い付きを、脱力出来たボーイングにプラスすると、品のある(つややかな)ヴァイオリンの音が出てくると思います。

今週のレッスンでも、何人かの生徒さんに、この「美しいボーイングによる、ヴァイオリンの美しい音」を体験して頂いています。皆さん「ふ~んなるほど。」というお顔をしていらっしゃいます☺

image

関連記事

プログラム1

ヴァイオリンのコンサートプログラム

昨日は久しぶりにクラシックコンサートへ行ってきました。「ベートーベン チェロ作品全曲演奏会」で演奏会

記事を読む

ヴァイオリンレッスン 16回

「弓の体操からでしょう?」とニッコリしたAちゃん。 ずいぶん弓が手に馴染んできているので、ちょ

記事を読む

クリスマスコンサートのヴァイオリン合奏と

今年の「クリスマスコンサート」の最後のプログラム「パッフェルベル作曲 カノン」。14名の方が参加しま

記事を読む

ヴァイオリンレッスン再開♫

プライベートが忙しくなって、数ヶ月ほどお休みなさっていたMさん。 昨日久しぶりにメールで、今日

記事を読む

レッスン室の防音工事

今日はレッスン室の防音工事をしています。 防音効果のある二重窓の設置と、換気口

記事を読む

no image

ヴァイオリンの左手の指 1

ヴァイオリンの左手の指をスムーズに…つまり、分離・独立させるには、ポイントを押さえてトレーニングする

記事を読む

「サマーコンサート」に向けて 2

今回のレッスンで 「小野アンナ 音階教本」の C-Dur 3オクターブ音階 に初めてチャ

記事を読む

ヴァイオリン教本の短音階

ある音楽を聞いていて、その音楽が「楽しい」とか「悲しい」「明るい」「暗い」と感じることがあるかと思い

記事を読む

ヴァイオリンのスピッカート

スピッカートは、細かい音符を軽やかに弾くボーイングです。 軽く弾こうと思って、かえって手や腕が

記事を読む

ブルックナーの中のヴァイオリン

もしヴァイオリンがある程度弾けるようになったら、是非チャレンジして欲しいのはオーケストラ。 生の音

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner banner
PAGE TOP ↑