時には1人でヴァイオリンレッスンを

公開日: : 最終更新日:2017/09/22 未分類

当教室には、親子で一緒の時間にレッスンを受けていらっしゃる方が少なくありません。

Aさんもお嬢さんのSちゃんのレッスンの後の時間でのレッスンです。Sちゃんは、3歳ですが、たいてい楽しそうに45分くらいヴァイオリンを弾いています。今日は気付いたら50分になっていました。

前々回のレッスンでAさんは「ザイツ作曲コンチェルト」を軽快なテンポで弾いていました。とてもよく練習してあります。

このザイツ作曲コンチェルトには、新しいリズムの新しい奏法が いろいろ出てきます。強弱やクレッシェンド&ディミヌエンドも聴いている人にも分かるように付ける事が大切です。

いつも10分くらいのレッスンでは充分にお伝え出来ないので、9月のSちゃんと別の日時に「スペシャルレッスン」を設定することにしました。

 

そして今日、お母様のAさんのレッスン。

「小野アンナ 音階教本」からスタートです。ロングトーンで「音の出し方(発音)」「元弓から先弓まで均一均質」などもチェックしながら進めていきます。

「HAUCHARD 3rd Position」の 6度も弾きました。ヴァイオリンの場合、6度お音程間隔は指が隣り同士になる事が多いです。その指同士が「くっつく」か「離れる」のどちらかを確認すつのも大切です。また、ヴァイオリンは「自分で音程をつくる(判断して選ぶ)」楽器です。6度の重音の響きも「倍音の多い純正調で」弾けるように、耳でよく聞きます。10番のアルペジオも弾きました。

「セヴシックOp.1-1」も弾いています。1番から4番までは、もう残りが少なくなってきています。

最後に「ザイツ作曲 コンチェルト第二番 第一楽章」を弾きました。スタッカート、ヴァイオリン奏法としては「スピッカート」に初めてチャレンジ。連続する16分音符の奏法もやってみました。どちらも、弓を持つ右手指の関節が固くならないことがポイントになります。Aさんは、それぞれの奏法のコツを少しつかんだようです。

あっという間の1時間でした♫

関連記事

コンサートのリハーサル

昨日は 今月25日(日)に行われる予定のコンサートのリハーサルに参加してきました。 「第40回

記事を読む

ヴァイオリンの練習時間

「練習不足で..」という言葉を聞くと、反射的に「私もそうです。」と思ってしまいます。 特に最近

記事を読む

ヴァイオリン&ピアノのコンサート準備

今日は(昨年末のクリスマスコンサートのピアノ伴奏者)ピアニストの友人との合わせをしました。 今

記事を読む

ヴァイオリンレッスン 20回目

「今週は練習出来なかったんです。」と申し訳なさそうな笑顔でレッスン室に入って来たAちゃん。 ヴ

記事を読む

クリスマスコンサートに向けて 4

今回の「クリスマスコンサート」で「アッコーライ作曲 コンチェルト」を演奏する予定のKさん。レッスンは

記事を読む

ヴァイオリンの左指の押さえ方で

ヴァイオリンの左指の押さえ方は、基本は「指の中心の角度が およそ45度」です。 この押さえる角

記事を読む

クリスマスコンサートを終えて 1

コンサートに出演した生徒さんたちのレッスンが始まっています。どの方も、ヴァイオリンの音色が一段階グレ

記事を読む

ヴァイオリン教室の窓から

当教室の窓から見える今日の景色。 この冬、年末からツボミが膨らんでいた白梅が、満開になっていま

記事を読む

子供ヴァイオリン演奏写真

ヴァイオリンの音程の取り方 1

「音程はヴァイオリンを持つすべての人の課題なんですよ。」とアメリカ人の先生がなぐさめてくれたことがあ

記事を読む

ヴァイオリン曲の仕上げ

今日のRさんのレッスンは「セヴシックOp. 1 」の重音と分散和音からはじめました。この練習は、和音

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner banner
PAGE TOP ↑