時には1人でヴァイオリンレッスンを

公開日: : 最終更新日:2017/09/22 未分類

当教室には、親子で一緒の時間にレッスンを受けていらっしゃる方が少なくありません。

Aさんもお嬢さんのSちゃんのレッスンの後の時間でのレッスンです。Sちゃんは、3歳ですが、たいてい楽しそうに45分くらいヴァイオリンを弾いています。今日は気付いたら50分になっていました。

前々回のレッスンでAさんは「ザイツ作曲コンチェルト」を軽快なテンポで弾いていました。とてもよく練習してあります。

このザイツ作曲コンチェルトには、新しいリズムの新しい奏法が いろいろ出てきます。強弱やクレッシェンド&ディミヌエンドも聴いている人にも分かるように付ける事が大切です。

いつも10分くらいのレッスンでは充分にお伝え出来ないので、9月のSちゃんと別の日時に「スペシャルレッスン」を設定することにしました。

 

そして今日、お母様のAさんのレッスン。

「小野アンナ 音階教本」からスタートです。ロングトーンで「音の出し方(発音)」「元弓から先弓まで均一均質」などもチェックしながら進めていきます。

「HAUCHARD 3rd Position」の 6度も弾きました。ヴァイオリンの場合、6度お音程間隔は指が隣り同士になる事が多いです。その指同士が「くっつく」か「離れる」のどちらかを確認すつのも大切です。また、ヴァイオリンは「自分で音程をつくる(判断して選ぶ)」楽器です。6度の重音の響きも「倍音の多い純正調で」弾けるように、耳でよく聞きます。10番のアルペジオも弾きました。

「セヴシックOp.1-1」も弾いています。1番から4番までは、もう残りが少なくなってきています。

最後に「ザイツ作曲 コンチェルト第二番 第一楽章」を弾きました。スタッカート、ヴァイオリン奏法としては「スピッカート」に初めてチャレンジ。連続する16分音符の奏法もやってみました。どちらも、弓を持つ右手指の関節が固くならないことがポイントになります。Aさんは、それぞれの奏法のコツを少しつかんだようです。

あっという間の1時間でした♫

関連記事

静かに始まるヴァイオリン曲

「新しいヴァイオリン教本 第4巻」の中にある「F.トーマ作曲 アンダンテ レリジオーソ」は、ゆっくり

記事を読む

クリスマスコンサートに向けて 3

今回の「クリスマスコンサート」では、母娘で「ヴィヴァルディ作曲 2台のヴァイオリンのためのコンチェル

記事を読む

ヴァイオリンのダイナミック(強弱)1

オーケストラ(講師がコンサートマスターを務めているアマチュアオーケストラ)の本番が、いよいよ近づいて

記事を読む

ヴァイオリンで「音楽的に弾く」

以前(自分のレッスンが終わって玄関で先生に挨拶をしようとした時)、先生がこう言いました。 「昔の楽

記事を読む

ヴァイオリンレッスンノートをとりながら

今日のレッスンでも「ヴァイオリンレッスンノート」にしっかりとメモをとっているYちゃん。

記事を読む

スキマ(隙間)時間にヴァイオリン練習

お忙しい毎日をお過ごしの大人の方、学生さん(就学前のお子様も)には時間の有効活用が必須です。

記事を読む

ヴァイオリン選びも

(聞いたことがある話ですが)素晴らしい楽器を割安で手に入れたヴァイオリニストがいます。ちょっとしたチ

記事を読む

no image

サマーコンサート出演後 6

「ファーマー作曲 ホーム・スイート・ホーム」を軽快なテンポで演奏したSさん。聴衆の方々にも好評でした

記事を読む

あこがれのヴァイオリン曲を

「パッヘルベルのカノンを弾いてみたいと思っているのですが」 今日のレッスンの最初にRさんが遠慮

記事を読む

この夏休みに一曲♪

普段は忙しくて、定期的なレッスンには通う時間余裕のないAちゃん。 夏休みは、学校のある時には出

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner banner
PAGE TOP ↑