ヴァイオリンで弾いてみたい曲

公開日: : 未分類

「家では《カリブの海賊》をよく弾いています。」

とMちゃんのお母様。

楽器習得は練習回数が大事ですので、自分の好きな曲でも(音階などの基礎練習がプラスされれば更にグッド!)ヴァイオリンで弾く楽しみがあった方が良いです♪

「先生、この楽譜も買ってきました。」

とディズニーの曲集も御持参のMちゃん。

「HAUCHARD」の49番でウォーミングアップした後、早速ディズニーの曲集でMちゃんが弾きたいと思っている「ホール・ニューワールド」を弾いてみました。

image

この曲は、最初のメロディーのリズムを正確に弾くのがちょっと難しいです。シンコペーションですので、裏拍で弓を返すタイミングを上手に出来るようになる練習を頑張ります。Mちゃんは繰り返し練習して、ヴァイオリンを響かせながら(腕に力が入らないように気をつけるのがポイント)このメロディーが弾けるようになりました。お家でも練習すると、自分の好みの歌い方で気持ち良く弾けるようになると思います。

もちろんMちゃんは、この楽しいポピュラー以外にも「基礎練習」をやっています。今回のレッスンでは「HAUCHARD」の106番と107番のG-Durのアルペジオ練習とサードポジション(3ポジション)の練習をやりました。「基礎練習」をやっていると曲の仕上がりがグンと良くなります♫

関連記事

ヴァイオリンレッスンの休日には

ひたすらヴァイオリン練習…と、言いたいところですが、ここぞとばかりにケーキも焼きました♡

記事を読む

大人になってからのヴァイオリンは 1

ある程度大きくなってから、大人になってからヴァイオリンを始めた方のことを「late-starter」

記事を読む

ホール演奏に向けて 5

Cさんの今度のホールでの演奏予定曲は「クライスラー作曲 プレリュードとアレグロ」です。

記事を読む

オーケストラの中のヴァイオリン

昨日もオーケストラに行ってきました。 先週より練習はしたつもりでも「まだまだ練習不足」

記事を読む

ヴァイオリンの左手の形

ヴァイオリンの左手の形は、自分からは見えづらいものです。押さえる場所には、ギターのようなフレットもあ

記事を読む

講師のミニリサイタル

今日3月1日、講師のミニリサイタルが当教室レッスン室で、無事終了しました。 今回のプロ

記事を読む

ヴィブラートの(聴覚的)特性

プロの演奏家は、ヴィブラートを高いピッチから低いピッチまでの振動を一定に保っています。そして、振動の

記事を読む

音大生と同じように

今日のレッスンでも「セヴシックOp.9」の重音練習、「セヴシックOp.8」のポジションチェンジの練習

記事を読む

ヴァイオリンレッスン 10回目

忙しい毎日を過ごしているMさん、それでも笑顔いっぱいでレッスン室に入ってきます。 弓の体操に続

記事を読む

ヴァイオリンでアンサンブルも

曲を弾くのが大好きなMちゃん。 「つまんないエチュードは弾きたくないな。」と小さくつぶやいて笑

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner banner
PAGE TOP ↑