ヴァイオリンの練習時間

公開日: : 未分類

「練習不足で..」という言葉を聞くと、反射的に「私もそうです。」と思ってしまいます。

特に最近購入した「ヴァイオリニスト 20の哲学  千住真理子」を読んでからは、「道理で弾けないはず。私は大変な練習不足。」と痛感しています。千住真理子さんは、私が小学生の頃参加したヴァイオリン発表会の最後に弾いていて、他の演奏家より身近に感じられるヴァイオリニストです。

IMG_2790

その本の一部を抜粋しますね。

…何をやるにしても、ある一時「がむしゃらにやる」ということはとても大切なことです。

がむしゃら、とはどういうことでしょう。一生懸命をもう一歩乗り越えることです。何かに取りつかれたように、ということです。

…小学生の頃も、一生懸命ヴァイオリンをさらいましたが、せいぜい一日四〜五時間です(これくらいなら普通の「一生懸命」です。「がむしゃら」とは言えません。

…そんなある日、江藤先生に言われた言葉がきっかけになり、私はいきおい「がむしゃら時代」に突入したのです。…学校のない日は一日十四時間、学校のある日はその約半分、時間を余すことなくさらい続けました。

…それでも江藤先生は「じゃあ寝ながらもさらっていますか?」とおっしゃったのです。びっくりしました。私は母と顔を見合わせて声が出ませんでした。江藤先生は続けました。

「やるならそこまでしないとダメだよ。ボクはベッドに入って寝るときも楽器を抱えて、横になったまま左手を押さえながら暗譜の練習をしましたよ。ボクは飛行機の中でも練習したくて、でも音を出したらさすがに怒られちゃってやめたけど。新幹線の個室をとって(昔は個室がありました)個室の中で練習したけど、酔っちゃった。でもそのくらいのめり込まないとね」

恐れ入りました、と江藤先生のレッスン場を後にしたのを覚えています。

しかし、確実にいえるのは、がむしゃらに練習すると、自分自身の技術進歩が目に見えるほど顕著だということです。十四時間さらった翌日は、筋肉は疲れてはいますが、明らかにテクニックが身についています。…

ヴァイオリンの練習だけでなく、学校の勉強(様々な学問や研究)もスポーツ競技も、何かの技術を身につけるには「がむしゃら」に没頭する一時期を、ぜひ経験してほしいのです。繰り返しますが、「一生懸命」では生ぬるいです。「がむしゃら」じゃないとダメです。

 

本当の一流の域に達した方々の努力は、やはり想像を絶するものがありますね!

私も「がむしゃら」、チャレンジしたいと思います。

関連記事

コンサートで「いつものように」弾くには

「とにかく練習する」というのは、もちろんです。大切なのは「毎日の基本練習で基本能力を上げておく」こと

記事を読む

クリスマスコンサートに向けて 8

「クリスマスコンサートに参加出来るように検討してみます。」 と、笑顔のSさん。

記事を読む

今日もヴァイオリンの基礎練習

ほとんどの方が「せっかくヴァイオリンを習うなら良い音で弾いたい。」と思っていらっしゃるかと思います。

記事を読む

次回コンサートでは 2

当教室の「コンサート」で、このところ最後(トリ)に演奏のKさん。   今回の「

記事を読む

自作のヴァイオリンで演奏を

月に一回のヴァイオリン製作教室でヴァイオリン作りをしているOさん。あと2年くらいで仕上がる見込みだそ

記事を読む

ヴァイオリンの暗譜

今週、KさんはRodeのCaprice第11番を暗譜してきました。 この曲は、様々なヴァイオリ

記事を読む

調弦

ヴァイオリンの調弦の工夫

パリ音楽院の先生も「音程を良くするために一番大事なのは調弦をきちんとすることです。」とおっしゃってい

記事を読む

ヴァイオリンの音色、七変化

ある程度弾けるようになってくると、次の7つの「ヴァイオリンの音色を決めるポイント」を知っていると、楽

記事を読む

ヴァイオリン教本の短音階

ある音楽を聞いていて、その音楽が「楽しい」とか「悲しい」「明るい」「暗い」と感じることがあるかと思い

記事を読む

ヴァイオリンのスピッカート

「ザイツ作曲 コンチェルト第2番 第三楽章」を始めたKさん。 Kさんのボーイングは、生き生きと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner banner
PAGE TOP ↑