ヴァイオリンレッスン 17回目

公開日: : 未分類

人のヴァイオリンの弾き方を見てみましょう(見せてあげましょう)

これは両者とも大変勉強になります☺

 

今回はAちゃんに、始めたばかりの前のレッスンの生徒さんに、左指の押さえ方を見せてくれるようにお願いしました。

IMG_4018

ヴァイオリンは、最初の構え方や弓の持ち方、そして左指の押さえ方のコツをつかむのが難しく感じる方も少なくないと思います。でも、どれだけ良い基礎を身につけられるかで、この先どんな風に上達するかが大きく関わってきますので、しっかりと頑張りたいところです。

実際に年齢が近いお友達の弾き方を見れる機会があるのは、とても貴重な体験です(そして勉強になります)。

Aちゃんは、こころよくCちゃんに「Cちゃんが練習中のメソード」を弾いて見せてくれました。(そうそう、何でもスマートにこなすAちゃんは、学校の運動会の「ソーラン節」でも「ミニ先生」として、踊りの「お手本役」で活躍しているそうです!)Cちゃんは、左手の親指と人差し指の扱い方に少し疑問があったのですが、ちょっとしたヒントになったのではないかと思います。Aちゃん、ありがとうございます☺

レッスン開始

さて、今回のレッスンも「弓の体操」から始めました。

HAUCHARD

その後は「HAUCHARD」の35番と36番のG線の第一ポジションの練習をまず弾いてもらいました。(先ほどもそうでしたが、Aちゃんの弦の押さえ方は良いポイントをつかんだもので、これがこのまま身につけられるとグッド✌)

37番から40番までの、開放全弦にわたるリズム変化のある練習を始めました。弓を動かすスピードに変化があり、音色やニュアンスのヴァリエーションが楽しめるメソードです。そして42と43番のE線の練習もやりました。

IMG_4020

 

「メリーさんの羊 変奏曲」

次に「メリーさんの羊 変奏曲」です。今日は、まずピアノ伴奏で「ヴァリエーション4」まで弾いてもらいました。それから、ポイントレッスン

IMG_4026

 

最初の「テーマ」はちょっと音程を気にして。第一ヴァリエーションは弓の使い方。長い音は弓を多めに…スピードのある弓使い。短い音は弓を少なめに。こうすることによってヴァイオリンらしい弾き方になります。

第二ヴァリエーションは和音の響かせ方のポイントレッスンです。発音したら弓のスピードをゆるめず圧力はすぐに抜くようにすると、和音が響きます。

第四ヴァリエーションは3拍子のリズムのとり方。少し音は揺れてしまいますが、3拍子のステップを踏みながら弾いてみました。Aちゃんはニッコリして「わかりました!」

今日は先へは進めず、弾き方をヴァージョンアップすることにしました。お母様のMさんにも同じポイントをやってもらいました。

関連記事

今週はヴァイオリン練習頑張ったね!

レッスン室に入りながら、「今週は練習頑張ったよね、J君!」とお母様のKさん。 先週は思ったほど練習

記事を読む

クリスマスコンサートを終えて 1

コンサートに出演した生徒さんたちのレッスンが始まっています。どの方も、ヴァイオリンの音色が一段階グレ

記事を読む

今日はコンサートに♪

今日は、コンサートに行って来ました。 「巻上公一&ロジャー・ターナー」の前衛的音楽コン

記事を読む

スプリング・コンサートのプログラム

「スプリング・コンサート」のプログラムが出来ました! もう当日まで4日に迫っていますので、もう

記事を読む

今日は「スプリング・コンサート」です♫

今日は「スプリング・コンサート」です。 (午後1時20分開演予定です。終演は、3時半過ぎになり

記事を読む

「サマーコンサート」に向けて 5

「サマーコンサートに参加してみようと思います。」 と、Tちゃんと お母様のHさん。

記事を読む

クリスマスコンサートに向けて 3

昨日は台風一過の後の晴天(今日も良いお天気!) ピアノの友人と合わせをしました。

記事を読む

次回のコンサートに向けて

「今度のクリスマスコンサートの目標を立てました。バッハ作曲の二台のヴァイオリンのためのコンチェルト第

記事を読む

ヴァイオリンアンサンブル♫

当教室で、同じくらいの時期にヴァイオリンを始めて、同じくらいのペースで進んでいるお二人の生徒さん。

記事を読む

自作のヴァイオリンで演奏を

月に一回のヴァイオリン製作教室でヴァイオリン作りをしているOさん。あと2年くらいで仕上がる見込みだそ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner banner
PAGE TOP ↑