ヴァイオリン教室のコンサートの後にアメリカン・ミート!

公開日: : 未分類

ここ数年、クリスマスコンサートやランチコンサートの後のパーティーメニューで私(講師)が愛用、大活躍の行正り香先生の料理。生徒さん皆さんは、その行正り香先生のレシピで作ったローストビーフ、ローストポークそしてローストチキンを何種類も試食していますよね!

今日はなんと、その「行正り香 アメリカンミート・ランチパーティー」に(当選)参加してきました!

IMG_2673 IMG_2678

料理の本そのままの美しい行正り香先生。初めて会えて「夢でない」と感動を隠せない私でした。

「私は肉好きなんです。」と笑顔の行正り香先生。

(^-^)アメリカンビーフは良質なタンパク質、鉄分も摂れる

(^-^)アメリカンポークも(特にサシの少ないところは)良質なタンパク質が豊富。ビタミンBも摂れる

(^-^)一日のタンパク質はゲンコツ3つ分/日必要。ダイエット中は特に気を付けて摂取すると良い

(^-^)野菜は、茹でたものをゲンコツ3つ分/日

という説明から始まり、アメリカンビーフ料理2品とアメリカンポーク料理2品の調理のデモンストレーションがありました。

IMG_2703 IMG_2706

料理の本の中と、実際目の前の「行正り香先生の料理」を見るのでは随分違います。(ヴァイオリンなどの楽器レッスンも同じですよね)

3センチのビーフ、5センチくらいのポークの料理。お肉の迫力はもちろんすごかったですが、「その厚さが、ジューシーになるポイント」。

IMG_2711 IMG_2713

ポークの「うすいピンク色」に火を通すというのが、どのくらいなのかを知ったのも大きな収穫でした。

あとは「肉を室温に戻す。お塩は400gに対し小さじ1。」

IMG_2734 IMG_2720

私が今度チャンスがあったら生徒さんにご馳走したい料理が、また増えました。

いつも休まずレッスンに通って、コンサートの前は、いつもよりちょっとたくさん練習して頑張っている皆さんに、アメリカンビーフ&ポーク料理。

IMG_2737 IMG_2758

是非作ってみたいです。(ヘルシーなのが、とても気に入りました)

いっぱい練習した後に、この様な良質なタンパク質を摂ると、ヴァイオリンを弾くのに良い筋肉がつきます。

なんといっても、アメリカンビーフもポークも元気がでます!

私は、大事なステージやコンサートがある日は、朝からステーキを食べます。そうすると、最後の音まで豊かなヴィブラートがかけられるのです!有名なヴァイオリニストの海野義雄先生は、コンサートの後にステーキを召し上がるそうです。

 

ところで、アメリカンミートの時の音楽は、ドヴォルザーク作曲の弦楽四重奏曲「アメリカ」などは、いかがでしょう?

IMG_2761

おみやげもたくさん!

 

関連記事

ヴァイオリン教室仲間

ヴァイオリンは、プライベートですので、前後の生徒さん以外の方にお会いする事は少ないです。 でも

記事を読む

年末年始のヴァイオリンレッスン室

ここ1ヶ月ほどレッスン室に飾ってあったクリスマスツリー。ツリーをライトアップするたびに、なんとも幸せ

記事を読む

バッハ作曲パルティータ第1番

間近に迫った「スプリング・コンサート」プログラム最後は、Kさんの「バッハ作曲 無伴奏ヴァイオリンパル

記事を読む

ヴァイオリンコンチェルトに

ヴァイオリンを始めてから(一週間に一度のレッスンと(時間は多くなくても)毎日練習していると)およそ1

記事を読む

クリスマスコンサートに向けて 5

昨日は美容院に行って来ました。コンサートの日も近づいき(髪のメインテナンスもO.K.)さて練習!

記事を読む

クリスマスコンサートに向けて 8

今月で8ヶ月目のCさん。 Cさんは、ヴァイオリンを始めた時から、とても丁寧に練習なさっています

記事を読む

十八世紀のオーケストラ奏者は

ヴァイオリンがある程度弾けるようになったら参加してみたい(かも?)オーケストラ。  

記事を読む

ヴァイオリンで「パガニーニ」を

「私の娘が、パガニーニ作曲 24のカプリスを弾くようになるなんて…感慨深いです。」 音大出身の

記事を読む

クリスマスコンサートに向けて 8

「クリスマスコンサートに参加出来るように検討してみます。」 と、笑顔のSさん。

記事を読む

今週のヴァイオリン音階

今週は、ちょっと新しい音階の練習方法を(音階をやっている生徒さん全員)試してみました。 その方

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner banner
PAGE TOP ↑