ヴァイオリンのボーイングテクニック

公開日: : 最終更新日:2021/04/02 ヴァイオリンの小話

ヴァイオリンのボーイング(奏法)には、いろいろな名前が付いています。

その用語の意味を意識して使い分けられるようになると、表現の幅が大きく広がります。

また、練習する場合にも、それぞれの技術を意識して学んでいく方が上達が速くなります。

ボーイングテクニックは、大きく分けると3つ…

① レガート

② かっちりした音

③ 跳ねる音

があります。

ヴァイオリンの「7つの奏法」と呼ばれるものは以下のものです。

❶ デタシェ:

 ボーイングの基礎で大変重要な奏法です。

 ひとつの音符をひとつの弓で弾き、圧力は変えず、なめらかに演奏します。

 音と音の間に休止はありません。

❷ ポルテ

 弓が弦の中に食い込む感じに強く弾きます。

 アクセントではないので、そうならないように気をつけます。

❸ スピッカート

 弓に軽い圧力を加え、一音ずつ区別して演奏します。

 引きずらない短い弓で弾きます。

❹ ソティエ

 デタシェから始め、徐々にスピードを上げていくと自然に弓が跳ねるようになる、その奏法です。

 一音一音で弓を上げ下げしません。

❺ リコシェ

 一弓の中で2つ以上の音をはずませるスタッカートのことです。

 衝撃は一度だけ与えて、弓の自然な弾力で行う奏法です。

❻ マルテレ

⑴ マルテレ

「槌(つち)で打つ」の意味です。

 音と音の間に休止を置きます。

 音の出だしにはっきりと強いアクセントが付きます。

 あらかじめ弓を弦に押し付けておくと良いです。

⑵ コーレ

 マルテレに似ていますが、空中からスタートして(弓を弦に落とす感じで)弾き始めます。

弓でスピッカートをするイメージです。

⑶ ランセ

 やや速い運弓で、始め速く、終わりに近づくにつれて遅く、と速度を緩める弾き方です。

❼ スタッカート

 一音一音の間が空いた音。

 基本的には「短い音」の表現を総じています。

ヴァイオリンの奏法においては、スピッカートとは区別した奏法とされています。

 ヴァイオリンを始めて9か月目に入ったところのYさん(少し前のことです♪)

左指のテクニックはセヴシックで順調に上達しています。

ボーイングも「カイザー 36のエチュード」1番でデタシェやマルテレが終わり、指弓で三連符を始めました。

そしてさらに半年たった今日は「セヴシックOp.2の11番」の指弓ボーイング練習に取り組んでいます。

弓を持つ手首指の関節を、適度に柔らかくコントロールして弾いていらっしゃいます♪

関連記事

ヴァイオリンのボーイング練習に

昨日いらした生徒さんが 「ヴァイオリンは最初に習得することがたくさんありますね!」 と、言って

記事を読む

ヴァイオリンの細かいヴィブラート

「音程の揺れ幅の狭いヴィブラート」のことを指す「細かいヴィブラート」。 細かいヴィブラートは

記事を読む

ヴァイオリンの速い重音

「ヴィエニアフスキ作曲 2つの性格の違うオベルタス」には、速い重音が出てきます。 ヴァイオリ

記事を読む

ヴァイオリン音楽も便利に♫

昨日は電気量販店で、スピーカー売り場の「Google Nest Hub」を買ってきました。 使い

記事を読む

ヴァイオリン(クラシック)音楽のフレーズ

クラシック音楽のフレーズは理解しておくことが必要です。 基本のフレーズというのは、小節でいy

記事を読む

ヴァイオリンの重音チャレンジ

ヴァイオリンは弾く人が自分で音程を作る楽器です。このテクニックを習得出来るかどうかが、ヴァイオリン上

記事を読む

ヴァイオリンの毎日の練習

基礎練習は自分に余裕のあるもので行うと成果が出やすいものです。 (難しい曲は自分の知識のためにやり

記事を読む

ヴァイオリンのグリッサンド

「gliss.」と記される「グリッサンド」は、ヴァイオリンの指板に一本の指を置いて、それを滑らせて

記事を読む

ヴァイオリン音階練習

音階練習をすると、着実に上手になります。 ただ漫然と練習すると効果を期待出来なくなってしまい

記事を読む

日本のヴァイオリンの教本

日本でよく使われているヴァイオリンの教本は、3つあります。 「鈴木慎一バイオリン指導曲集」全

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner banner
PAGE TOP ↑