ヴァイオリンのボーイングテクニック

公開日: : 最終更新日:2021/04/02 ヴァイオリンの小話

ヴァイオリンのボーイング(奏法)には、いろいろな名前が付いています。

その用語の意味を意識して使い分けられるようになると、表現の幅が大きく広がります。

また、練習する場合にも、それぞれの技術を意識して学んでいく方が上達が速くなります。

ボーイングテクニックは、大きく分けると3つ…

① レガート

② かっちりした音

③ 跳ねる音

があります。

ヴァイオリンの「7つの奏法」と呼ばれるものは以下のものです。

❶ デタシェ:

 ボーイングの基礎で大変重要な奏法です。

 ひとつの音符をひとつの弓で弾き、圧力は変えず、なめらかに演奏します。

 音と音の間に休止はありません。

❷ ポルテ

 弓が弦の中に食い込む感じに強く弾きます。

 アクセントではないので、そうならないように気をつけます。

❸ スピッカート

 弓に軽い圧力を加え、一音ずつ区別して演奏します。

 引きずらない短い弓で弾きます。

❹ ソティエ

 デタシェから始め、徐々にスピードを上げていくと自然に弓が跳ねるようになる、その奏法です。

 一音一音で弓を上げ下げしません。

❺ リコシェ

 一弓の中で2つ以上の音をはずませるスタッカートのことです。

 衝撃は一度だけ与えて、弓の自然な弾力で行う奏法です。

❻ マルテレ

⑴ マルテレ

「槌(つち)で打つ」の意味です。

 音と音の間に休止を置きます。

 音の出だしにはっきりと強いアクセントが付きます。

 あらかじめ弓を弦に押し付けておくと良いです。

⑵ コーレ

 マルテレに似ていますが、空中からスタートして(弓を弦に落とす感じで)弾き始めます。

弓でスピッカートをするイメージです。

⑶ ランセ

 やや速い運弓で、始め速く、終わりに近づくにつれて遅く、と速度を緩める弾き方です。

❼ スタッカート

 一音一音の間が空いた音。

 基本的には「短い音」の表現を総じています。

ヴァイオリンの奏法においては、スピッカートとは区別した奏法とされています。

 ヴァイオリンを始めて9か月目に入ったところのYさん(少し前のことです♪)

左指のテクニックはセヴシックで順調に上達しています。

ボーイングも「カイザー 36のエチュード」1番でデタシェやマルテレが終わり、指弓で三連符を始めました。

そしてさらに半年たった今日は「セヴシックOp.2の11番」の指弓ボーイング練習に取り組んでいます。

弓を持つ手首指の関節を、適度に柔らかくコントロールして弾いていらっしゃいます♪

関連記事

ヴァイオリンのボーイングで

ヴァイオリンを弾いていて「もっと、思ったような音楽表現が出来たら良いなあ。」と感じたら、 『ボーイ

記事を読む

ヴァイオリンの消音器

「やっぱり家でも練習したいと思っているのですが、ヴァイオリンの消音器はどんな物があって、効果の違いは

記事を読む

ヴァイオリンで強弱記号を

音の強弱をヴァイオリンで表現する… 弓の「スピード」」「圧力:腕の重さをかける加減」「弓の毛傾

記事を読む

no image

ヴァイオリニストの系譜 2

スペイン出身のパブロ・サラサーテ(1844〜1908)やルーマニア出身のジョルジュ・エネスコ(188

記事を読む

ヴァイオリンの左手首

ヴァイオリンの左手首と腕を直線にすることが基本です。「手首に定規が付くように」と表現することもあり

記事を読む

ヴァイオリンのチューナーに 2

「いつもではありませんが、携帯電話にチューナーアプリを入れて、クリップに付けて使っています。」

記事を読む

音楽辞典から

2週間前の新聞の連載「こころの玉手箱」で、葉加瀬太郎が「自分にとって最高のライブラリーノーツ 標準

記事を読む

日本のヴァイオリンの教本

日本でよく使われているヴァイオリンの教本は、3つあります。 「鈴木慎一バイオリン指導曲集」全

記事を読む

ヴァイオリンの大きさ

ヴィオラ(コントラバスなども)は、楽器によって結構大きさに違いがあります。 それに対して(フル

記事を読む

ヴァイオリンのニス

ご自身でヴァイオリンを製作中のOさん。 もう少しで「ニス塗り」の工程に移るそうです。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner banner
PAGE TOP ↑