ヴァイオリンのニス

公開日: : ヴァイオリンの小話

「30年にわたってヴァイオリンの名器を収集してきたタリシオ死去のニュースをいち早く聞きつけ、遺族から100個を超えるストラディバリウス、グァルネリ・デル・ジェス、ベルゴンツィなどを含む名器の宝の山をまんまと手にしたヴィヨームのエピソード(ファルガ『ヴァイオリンの名器』)・・・いくらか創作が含まれているかもしれませんが・・・」

そのヴィヨームは、ヴァイオリン作りの名工で、本物のストラディバリウスとされているヴァイオリンの多くが彼の作品でもあるとも言われるくらいの人物だそうです。

しかし、本物と間違えられるほどの作品を作り出せる腕前というのは、やはり大したものと言わなくてはならないでしょう。

誰が作ったかということよりも、ひたすら美しい音を基準として楽器を選択したいのでしたら、ストラディバリウスの次世代の名器として、ヴィヨームあたりの作品も良いかもしれません。

さてヴィヨームのニスの話ですが、名工としても名高いヴィヨーム工房は来訪者に開放されており、ニスを塗っている彼の傍らに置かれているニスはよく売れたそうです。

ところが、客がいなくなった後、彼は別室の工房に移り、今まで自作のヴァイオリンに塗っていたニスを剥がして、秘蔵の自分のニスを塗ったということです。

つまり、客に売ったニスは普及品で、ヴィヨームは「自分のニス」については、絶対にその製法を人に教えなかったということです。

趣味のひとつで ヴァイオリンを製作中のOさん。

もうすぐで「ニス塗り」の工程だそうです。

「ニスには“オイルニス”と“アルコールニス”がありますが、私は“オイルニス”にしようと思っています。」

と、Oさん。

「アルコールは塗るそばからドンドン乾燥して固まってしまい難しいので、時間はかかりますがオイルニスにした方が楽だと判断しました。少しでも早く乾くように“紫外線ライト”を購入する予定です。」

関連記事

音楽辞典から

2週間前の新聞の連載「こころの玉手箱」で、葉加瀬太郎が「自分にとって最高のライブラリーノーツ 標準

記事を読む

no image

弓の歴史

古代の弓と中世に使われていた弓の形状は、絵画や文献も少なく明らかではないのですが「木や竹の棒の端に

記事を読む

ヴァイオリンの読譜

楽譜を読む能力を『読譜力』と呼びます。「読譜力」には様々レベルがあります。 その違いは大きく

記事を読む

ヴァイオリンの教則本

当教室でも取り組んでいる生徒さんが少なくない「カイザー」「マザス」「クロイツェル」などの教則本。こ

記事を読む

有名になるヴァイオリニスト

「パガニーニの演奏を聴いた時、私はまだ14歳だったが、すでにヴァイオリンの技術はかなり習得していた

記事を読む

「ヴァイオリン」の名称起源

ヴァイオリンの音楽が最初に発展したのはイタリアで、イタリア語ではこの楽器を「violino(ヴィオ

記事を読む

暗譜にチャレンジ

「まずは、暗譜してください。」 ある程度本格的なコンサートやコンクールでは「暗譜で演奏」が必

記事を読む

ヴァイオリンのスピッカート&スタッカート

「スピッカートが出来るようになったんです!」 と嬉しそうな笑顔のSさん。 スタッ

記事を読む

ヴァイオリンのロングトーン

ロングトーンは「弓の端から端まで 弓の圧力をコントロール出来るようにするため」の練習します。

記事を読む

ヴァイオリンの消音

お家でヴァイオリンを「より静かに」練習する方法。 Eさんは、ネット検索などを参考に「ヴァイオリ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner banner
PAGE TOP ↑