ヴァイオリンのコレクター

公開日: : ヴァイオリンの小話

史上一番のヴァイオリンコレクターは、ニコロ・パガニーニです。

1782年にイタリア・ジェノバに生まれ、1840年にフランス・ニースで没しています。

パガニーニは「24のカプリス(奇想曲)」やヴァイオリン協奏曲などが有名です。また、ヴァイオリン演奏の伝説や奇行もたくさんあります。(ギターの名人でもありました。)

パガニーニは、自分のヴァイオリン技術を盗まれないようにするため、楽譜をきちんと書かなかったり、共演するオーケストラの奏者に楽譜を直前まで配らず演奏後直ちに楽譜を回収していたようです。

練習方法を盗み聞きするため、パガニーニの泊まっているホテルの隣の部屋で壁に耳をあてていたライバルのヴァイオリニストは「パガニーニのヴァイオリンの練習音量があまりにも小さく聞き取れなかった」そうです。

パガニーニにはヴァイオリニストのどの流儀にも属していなく、直系の愛弟子もいません。

当時の聴衆は、遠くからもパガニーニの演奏を聴きに来ました。(未曾有の興行で、現在のIT長者も真っ青なほどのお金を手にしていたと言われています!)

パガニーニが活躍した19世紀前半は、クレモナの銘器にはプレミアムが付き始めていました。1832年、パガニーニはロンドンで一挺のストラディバリウスのヴィオラ1731年製を購入しました。このヴィオラの、輝かしく彫りの深い音色に感銘を受けたパガニーニは、親交のあった作曲家ベルリオーズにヴィオラ協奏曲を委嘱しました。こうして書かれたのが、ヴィオラの独奏を伴う「イタリアのハロルド」です。

パガニーニは、せっせと銘器を買い集めてカルテット演奏用に4挺を確保しました。

パガニーニは亡くなる直前には、11挺のストラディバリウスのコレクターになっていました!

ストラディバリウスと同じく人気の銘器「ガルネリ・デル・ジェス」。デル・ジェスの中でも歴史的逸品「キャノン(カノーネ)」は、パガニーニがその声価を高めたと言われています。

カルテット用のストラディバリウス4挺はパガニーニの死後離散してしまいますが、エミール・ハーマンというディーラーの懸命な努力で買い戻され、アメリカワシントンDCのコーコラン美術館に寄贈されました。

通称「パガニーニ・カルテット」と呼ばれる4挺のストラディバリウスは、1964〜1994年までクリーヴランド・カルテットに貸与されました。

「パガニーニ・カルテット」は1994年に日本音楽財団が1500万ドルで購入し、2007年現在は東京カルテットに貸与されています。

関連記事

ヴァイオリンの防音

お家でのヴァイオリン練習は、なるべく防音をすることにしているYさん。 Yさんの消音方

記事を読む

「ヴァイオリン」の名称起源

ヴァイオリンの音楽が最初に発展したのはイタリアで、イタリア語ではこの楽器を「violino(ヴィオ

記事を読む

ヴァイオリンで強弱記号を

音の強弱をヴァイオリンで表現する… 弓の「スピード」」「圧力:腕の重さをかける加減」「弓の毛傾

記事を読む

ヴァイオリン譜を読む

新しいヴァイオリン曲に取り組む時は、楽譜に書いてある全てをチェックします。 できれば「その作

記事を読む

バッハ「ガボット」は

「もうずいぶん前区立の中学校の音楽授業で、このバッハ:ガボットを弾いたことがあるんです。 でも、ヴ

記事を読む

「ヴァイオリン」の名称は

「ヴァイオリン音楽」が最初に発展したのはイタリアです。 イタリア語でこの楽器のことを「ヴィオ

記事を読む

ヴァイオリンのポジション移動

ヴァイオリンを始めて ファーストポジションが安定してきた頃に 始める「ポジション移動」: 左手指(の

記事を読む

オーケストラの弦楽器

オーケストラの楽器の配置は時代や地域によって違うことがあります。 昔は、指揮者の左手から「第

記事を読む

クラシック音楽

「外出自粛で、楽器を弾く楽しみがあって良かったと改めて感じています。」 という方が少なくない

記事を読む

バッハ「無伴奏ヴァイオリン・ソナタ」

ヨハン・セバスチャン・バッハ (1685~1750) 作曲「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ&パル

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner banner
PAGE TOP ↑