中世の音楽 1

公開日: : 音楽歴史の小話

中世(5〜14世紀頃)、音楽はキリスト教の発展と共に進化しました。

古代の教会では、大勢の人々に聞こえるように、司祭が節をつけるように祈りの言葉を語っていました。それが旋律になって、歌(聖歌)になったと考えられています。

中世に入ると、ヨーロッパではローマ・カトリック教会が大きな権力を持つようになり、教会を中心とする新しい文化が生まれるようになりました。

5世紀半ばの西ローマ帝国の滅亡以降、他民族の侵入や移動が活発になったヨーロッパでは、各地で様々な文化が発展しました。

その影響は教会にも見られて、教会で行われる礼拝や儀式(典礼)や聖歌も各地で独自のものを作り上げていきました。

8世紀になり、各地でばらばらだった教会の典礼が「ローマ・カトリック教会の方式」に統一されました。この時聖歌も形式や歌い方が定められて「グレゴリオ聖歌」と呼ばれる聖歌が誕生しました。

グレゴリオ聖歌は単旋律、一声部のみの旋律というのが大きな特徴です。

上はグレゴリオ聖歌の写本です。

4本線に四角い音符です。

関連記事

ロマン派音楽 1

「ロマン派音楽」は、古典派の後に続く時代で、19世紀から20世紀初頭までのことをさしています。

記事を読む

バロック期の音楽家

バロック期の代表的な2人の作曲家の一人…現在では偉大な作曲家として有名な「J.S.バッハ(1685

記事を読む

弦楽四重奏曲の誕生

弦楽四重奏曲は、古典派の時代に生まれた新しいジャンルです。 弦楽四重奏曲は、交響曲と同じよう

記事を読む

近代の西洋音楽 3「印象主義音楽」

「印象主義音楽」は、20世紀初頭にフランスで生まれました。 音楽で気分や雰囲気を表現しようと

記事を読む

ロマン派の音楽 6

ブラームス(1833〜1897)は、音楽で音楽以外のものを表現しようしなかった作曲家です。

記事を読む

バロック期のヴァイオリン

名器として名高いストラディヴァリス(1644〜1744)やガルネリ・デルジェス(1698〜1744

記事を読む

ロマン派音楽 3

18世紀までの作曲家は、パトロンのもとで(パトロンの要求の通りに)作曲していました。 (ロマ

記事を読む

ウィーン古典派の音楽

(ウィーン)古典派とは、18世紀末ごろから19世紀初頭にウィーンで活躍する音楽家によって作曲された

記事を読む

近代の西洋音楽3「表現主義音楽」

ドイツで20世紀初頭に生まれた「表現主義」は、人間の内面と主観的な感情を描こうとしています。

記事を読む

近代の西洋音楽 1

19世紀の後半から20世紀の初めは、自分たちの民族を大事にしようとする「ナショナリズム:民族主義」

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner banner
PAGE TOP ↑