「サマーコンサート」に向けて 2

公開日: : 未分類

今度の「サマーコンサート」で「バッハ作曲 無伴奏ヴァイオリンソナタ第3番」より「Largo」を演奏する予定のKさん。

この「バッハ作曲 無伴奏ソナタ第三番」は、3曲の無伴奏ソナタの中で最高傑作といわれていて、それだけに理想的な演奏も難しいです。ソナタ・ダ・キエーザ(緩急緩急の順のテンポ設定の4楽章からある典型的な教会ソナタ)になっています。第2楽章にはフーガ。第3楽章だけが、主調以外の調に移っています。これは、ソナタの第一番と第二番と同じです。

今回のレッスンでは「Adagio」「Fuga」を弾きました。「Adajio」は、冒頭から付点のリズムの音型を繰り返しながら、次第に声部の数を増やしながら、驚くほどの迫力で盛り上がっていきます。平均律ではなく、純正調というより「弦的な表現で崇高な精神」を表してゆくのが聴きモノです。続く「Fuga」は、3曲のソナタの中で最も長大です。主題は「来たれ聖霊よ、主なる神よ」という古いコラールの旋律で、15世紀にグレゴリオ聖歌からドイツ語に翻訳されて、マルティン・ルターによって拡大されたものといわれています。

本当は、この2曲の演奏でも素敵なのですが、演奏時間が15分くらいかかります。Kさんは聴く人たちのことを考えて、コンサートでは「Largo」になさいました。「Largo」は、わずか21小節の短い楽章ですが、優雅な雰囲気でくつろげる楽章となっています。一台のヴァイオリンで、主旋律と通奏低音(伴奏)を弾き分けて演奏します。

 

「Karl Susuke(カール・ズスケ)の演奏は、クセがなく、とても聴きやすいです。」と、KさんがCDを貸して下さいました。

「カール・ズスケ」は「コンサートマスターの神様」と言われ、国際的にも多くの指揮者たちの尊敬を集めていました。また、室内楽の大家(ゲヴァントハウス弦楽四重奏団を主宰)でもありました。ソロよりも室内楽やオーケストラの中で弾くことを好む人らしく、自己顕示欲のない演奏ぶり、でもテクニックは充分あるので作品の要所要所をシッカリとおさえ、バッハの本質を表しています。自己主張を控え、作品に忠実な精神。音色も透明な中に温かみを感じる演奏です。

関連記事

ヴァイオリン(講師)の名刺

出来ました! ヴァイオリン付きの名刺にしたくて色々探しましたが、とうとう自分で作りました。

記事を読む

弾きたいヴァイオリン曲を

静かでもしっかり自分の考えがあり、分からないことはきちんと質問し、納得するまで聞く。 そんなY

記事を読む

ヴァイオリン教室の窓磨き

今日は「窓磨き」に もってこいのお天気☀️ ヴァイオリンでウォーミングアップしてエンジンをかけ

記事を読む

ヴァイオリンでオーケストラに

ヴァイオリンの練習が、生活の中にシッカリと入っていらっしゃるRさん。いつも丁寧にさらっています。

記事を読む

ヴァイオリンのトリル

ヴァイオリンの曲にはトリルが出てきます。トリルとは、2つの音を行ったり来たりすることです。 ト

記事を読む

ヴァイオリンのボーイング

「演奏は80%ボーイングで決まる」と、どこかで聞いたことがあります。   「弓

記事を読む

良いヴァイオリン

ヴァイオリンは自然の木材から作られている楽器です。 一本の同じ木から切り出された木材を使って、

記事を読む

2016年のクリスマス

今年の「クリスマス・イヴ」のレッスン♫

記事を読む

ヴァイオリンのイントネーション

練習曲「クロイツェル 36のエチュード」の9番は、この練習曲ハイライトの一つです。2ページぎっしり1

記事を読む

ヴァイオリン上達のポイント

中学生になったお嬢様のヴァイオリンレッスンをずっと見てきたOさんは「ヴァイオリン上達のコツ」を(普通

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner banner
PAGE TOP ↑