音大生と同じように

公開日: : 未分類

今日のレッスンでも「セヴシックOp.9」の重音練習、「セヴシックOp.8」のポジションチェンジの練習をしっかり弾いたKさん。

IMG_3900

音階は「カール・フレッシュ音階教本」の1番から5番までは全小節弾いています。3度の重音の練習は、3度飛びも加わっています。(実は講師自身は音大卒業後どころか割りと最近までやったことがありませんでした)最初はなかなか音程をとるのが難しいのですが、一週間もしないうちに安定して弾けるようになります。これを練習に加えることによって、左手のフォームが更に安定してきます。6度の重音の練習にも、3度飛びの練習を加えることにしました。音大生と同じ(かそれ以上?)練習プログラムです。

image

(上の楽譜の鉛筆でマルの付いているところを、新しく増やしました♪)

IMG_3877

「ローデ カプリス」も21番まで進んでいます。今日は21番の1回目のレッスン。全体の3分の一まで練習していらっしゃいました。

IMG_3899

「奇想曲」というだけあって、練習曲よりスケールの大きい音楽です。ヴァイオリンを充分に響かせて弾いていきます♫

関連記事

重音をきれいに

当教室でヴァイオリンを始める方のほとんどが使用している「HAUCHARD」では、早くも2ページ目に重

記事を読む

ヴァイオリンの「ボーイング」を考える

「ボーイング」とは、奏者が意思を持って動かす右手の動き、つまり、運弓動作のことです。 ボーイングの

記事を読む

ヴァイオリンのボーイング

ヴァイオリンを手にして弾き始めた初心者の方はもちろん、プロの演奏家も「美しいヴァイオリンの音色」を目

記事を読む

ヴァイオリニストのクライスラー

50年以上にわたって「ヴァイオリンの王者」と呼ばれ、世界中の人々を夢中にさせた フリッツ・クライスラ

記事を読む

ヴァイオリンの上達速度

「今日のレッスンも、とても楽しかったね!」 今月入室のKさんはお嬢さんと一緒にヴァイオリンを始めまし

記事を読む

ヴァイオリン レンタル

ヴァイオリン(楽器)のこと 1

今朝、どこかのヴァイオリン教室で「無料プレゼント」してもらえるのと同じ、Carlo Giodano

記事を読む

今日もクリスマスコンサートの

シフォンケーキを焼くリハーサル。 昨日は銀座で生徒さんたちのクリスマスプレゼントも買ってきました!

記事を読む

ヴァイオリンの音階で

当教室で使っている「HAUCHARD」の中で、一番重要なのは「49番 G-Dur」の音階です。

記事を読む

ヴァイオリン&ピアノの合わせ

昨日は久しぶりにピアニストの友人と合わせ(アンサンブル)をしました。 曲目は「ブラーム

記事を読む

たまには一人でヴァイオリンレッスン♪

いつもはお子様のレッスンと一緒のTさん。 今日は一人でヴァイオリンレッスンにいらっしゃいました

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner banner
PAGE TOP ↑