初心者のヴァイオリン

公開日: : 未分類

 

当教室の「体験レッスン用ヴァイオリン」は3台あります。

1つは「カルロ・ジョルダーノ」

あとの2つは「スズキ・ヴァイオリン」

両方とも、お手頃価格でも品質が安定していて人気のヴァイオリンセットです。

IMG_1690

初心者の方(体験レッスンや、サイズアップの時など)が弾き比べられると、ご自分用の物を購入する時の参考になるかもしれません♪

…とはいっても、ヴァイオリンは木製品で、同じメーカーの同じグレードの物でも個体差が結構あります。ただ、音色の系統は感じられると思います。

 

ところで、ほとんどの初心者が気になる「レンタルヴァイオリン」。

「レンタルヴァイオリン」は、

セットになっているヴァイオリン(スズキヴァイオリンやカルロ・ジョルダーノなど)を購入するより

結果としてコストがかかります。

その理由は、1ヶ月使用すると消耗してしまい「元の状態に戻す」のに「弓の毛替え&弦交換」に約1万円かかります。

もし傷などが付いてしまうと、数千円(深さによっては1万円以上)かかってしまうからです。

プロのヴァイオリニストでも事故はあります。

ましてやヴァイオリンの扱いに慣れないうちは、持ち歩いたり、家でのケースへの出し入れ、練習中、弾いている時に電話が鳴ったりした瞬間など、「思わぬ事故」の可能性があります。

当教室で「レンタル」で始められた方のほとんどは「やっぱり買います」とおっしゃっています。

他のヴァイオリン教室で「レンタル」で済ました方が「結局、買うよりお金がかかってしまった」とおっしゃっていました。

 

「レンタル」を有効活用するとすれば、

「レンタルである程度弾けるようになってから、ちょっと良いヴァイオリンを自分で弾いて選ぶ」ことでしょうか。

 

重要なことは「自分にとって一番良いと思う方法を選ぶ」ことです。

今日第1回目のレッスンだった2人の女性は、弦楽器店やネットで3万円台〜10万円くらいのヴァイオリンをご自分で購入されていらっしゃいました。

当教室の「体験レッスン用ヴァイオリン」とはまた違った趣きのヴァイオリンで、それぞれ良かったです。

関連記事

コンサートでのヴァイオリン演奏

「初めてのコンサートで緊張しましたが、自分では50%くらい弾けたかなと思います。」と、Rさん。

記事を読む

読譜力をつけるには

当教室に在籍していらっしゃる生徒さんは、ある程度ピアノなどをやっていらっしゃる方以外は、読譜力が最初

記事を読む

クリスマスコンサートに向けて 5

ヴァイオリンの曲の中でも「アイリッシュ(アイルランドの民族音楽)」がお気に入りのMさん。ヴァイオリン

記事を読む

雨の日は教室のヴァイオリンで

今朝は、霧雨のお天気。 Kさんは教室のヴァイオリンをご利用です。 嬉しいことに、

記事を読む

ヴァイオリンの「ボーイング」を考える

「ボーイング」とは、奏者が意思を持って動かす右手の動き、つまり、運弓動作のことです。 ボーイングの

記事を読む

コンサート後のヴァイオリンレッスン

着実にヴァイオリンのテクニックが上達してきているCちゃん。 「スプリング・コンサート」では「ス

記事を読む

ヴァイオリンの消音

今日の体験レッスンの方の帰り際の質問は「住んでいるところが、防音していないので、静かに音が出せるもの

記事を読む

ヴァイオリンレッスン 8回目

MさんもAちゃんも、弓の体操がとても上手になっています。 ついうっかり忘れてしまう生徒さんのた

記事を読む

クリスマスコンサートに向けて 3

今回の「クリスマスコンサート」では、母娘で「ヴィヴァルディ作曲 2台のヴァイオリンのためのコンチェル

記事を読む

ヴァイオリン教室の窓から

(日差しが低く眩しいのでレースカーテンを閉めている事が多いのですが)レッスン室の窓から 見える庭の梅

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner banner
PAGE TOP ↑