ヴァイオリンの弦の張り替え

公開日: : 未分類

このところの湿度の変化のせいでしょうか?先週から今週にかけて、生徒さんのヴァイオリンの弦が切れたり、私も含めて何人かの生徒さんのヴァイオリンの弦の音質が急に劣化したようです。

初心者の方は弦が切れるのは始めての経験ですので、結構驚いていらっしゃったようです。

(今はネットや、宅配も迅速な時代ですので、それほど困らないのかもしれませんが)弦の予備は、本当は1セット持っていた方が安心です☺

 

現在のヴァイオリニストの多くが使用していて、私も生徒さんのほとんどが使っている「Dominannto」という弦は、

G線 2916円 

D線 2700円 

A線 1944円 

E線だけは別のブランドの「Goldbrokato」で313円 

という定価(2015年10月現在)です。これが、楽器店やネットによっては4割引くらいで購入できたりします。

image

そうすると上記のワンセットで4722円になります。

今日いらした生徒さんも弦を新しくしたところ「ずいぶん良い音になるんですね!」と驚いて喜んでいらっしゃいました。

image

 

弦を張り替えると、ヴァイオリンが(くもっていた窓ガラスがキレイになったような)スッキリと澄んだ音になります。

 

「Dominannto」は、良い音が出るのは1ヶ月といわれています。3ヶ月すると、巻線の中の芯が劣化して、急に音がくもったようになることが多いです。もちろん、弾く時間(量)や、手に汗や汚れがついているか、部屋の湿度なども関係あります。弾いた後に丁寧に布で汚れを拭き取るようにすると「持ち」がだいぶ違います。

関連記事

クリスマスコンサートに向けて 6

「ヴィヴァルディ作曲 2台のヴァイオリンのためのコンチェルト イ短調」を演奏予定のMちゃんとお母様の

記事を読む

新しいタイプの曲に

先月の「サマーコンサート」では「バッハ作曲 ソナタ第2番 アンダンテ」を演奏なさったKさん。今年の「

記事を読む

ヴァイオリンの弓の持ち方とサウンディングポイント

どんな曲でも上手に弾けるようになるには、ある程度の時間がかかります。 でも、その曲だけ

記事を読む

no image

ヴァイオリンの左手の指 2

ヴァイオリンの左手の指の「楽器を使わないトレーニング」。どこでも気楽に出来るトレーニング方法のご紹介

記事を読む

ヴァイオリンは(ほとんど)変化していない

ヴァイオリン属の高弦楽器の原型が登場したのは1520年代といわれています。ヴァイオリンの製作者「始祖

記事を読む

ヴァイオリンの音階で

当教室で使っている「HAUCHARD」の中で、一番重要なのは「49番 G-Dur」の音階です。

記事を読む

今週はヴァイオリン練習頑張ったね!

レッスン室に入りながら、「今週は練習頑張ったよね、J君!」とお母様のKさん。 先週は思ったほど練習

記事を読む

オーケストラの楽しみ

オーケストラには、実際にその席に座り音を出した時に体験出来る、合奏の楽しみがあります。 一緒に演奏出

記事を読む

2014年 草加でのクリスマスコンサート

今日は、草加(実家)の玄関ホールで演奏会を開催しました。 ピアノ、テューバ、ヴァイオリンの演奏があり

記事を読む

レッスン室のピアノ調律

今日は、当教室のピアノの調律をして頂きました。 楽器のメインテナンスをすると、なんだか

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner banner
PAGE TOP ↑