ヴァイオリン(ヴィオラ)の肩当てとあご当て

公開日: : 最終更新日:2015/05/21 未分類

1ヶ月の一時帰国を利用してヴィオラのレッスンを希望していらしたMさん。

ヴィオラを構えてみたところ「なんだか、しっくりこない」。当教室にあるいくつかの肩当てとあご当ても試してみても首をかしげています。結局楽器屋さんに、いろいろな肩当てとあご当てを持ってきてもらいました。

IMG_3762

そして試してみて「やっと しっくりきました。良かったです!」と本当に嬉しそうな笑顔になりました。

さて、ここで「肩当て」と「あご当て」についての小話。

肩当て

肩当てにはたくさんの種類があります。人の体型は様々で、首や腕の長さ、ての大きさも違います。手が小さいとハイポジションが届きません。そこをカバーするのに肩当ては重要なアイテムとなります。身体の軸をまっすぐにしてヴァイオリン(ヴィオラ)を持ち、身体に合う肩当てを探しましょう。

まず肩当ては、肩と、ヴァイオリンの隙間を埋めるものと考えましょう。決してヴァイオリンが落ちるのを防ぐものではありません。ヴァイオリンを支えるのは左手です。肩当てはあくまでも「補助用具」ととらえて下さい。どれを選んだらよいのか分からないという人は、一般的な肩当ての「KUN」を選ぶと良いでしょう。多くの人に使いやすいものですので、おすすめです。(オーケストラのヴァイオリン&ヴィオラ奏者の9割以上は「KUN」を使っています)

あご当て

あご当ては、主に3種類あります。

ガルネリ型

一番多く使われているのは、ガルネリ型です。一般的体型にフィットします。最近のお手頃価格で人気の「カルロ・ジョルダーノ」も、このガルネリ型のあご当てがついています。

IMG_3923

カウフマン型

テールピースをまたがないタイプです。カウフマン型の金具が首や肩周りの骨に当たって痛い場合や、ハイポジションに手が届きにくい場合などにはこちらがおすすめです。

IMG_3922

 

フレッシュ型

テールピースの真上にあごをのせるタイプです。これは高さがあるので、首が長い人、または肩当てを使用しない人に向いています。

 

 

あご当てがゆるんできたら

あご当てがカタカタと動く時は、ネジがゆるんでいるか、楽器との設置面が合っていないサインです。まずは、金具をしめてみて(ヴァイオリン専用の金具をしめる道具があればそれで、なければ、髪をとめるアメリカピンを楽器を傷つけないよう充分注意して代用)、それでもまだ動くようならば、弦楽器店に相談しましょう。

アレルギー体質の方は

あご当て、テールピース、ペグ、エンドピンの4つは「フィッティング」と呼ばれ、同じ材質のものでセットされているのがほとんどです。主な材質は「つげ」「黒檀」「ローズウッド」の3種類です。お手頃価格のものはプラスティック製が多いです。材質によって音が変化するため、弦楽器店が販売するさいには「この楽器にはこの材質が合う」と判断されたものがセットされています。

注意が必要なのは「ローズウッド」です。ローズウッドは肌が弱い人にとってはかぶれやすく、金属アレルギーの人には合わない場合が多いようです。ローズウッドのフィッティングがセットされているヴァイオリンを弾いた後に、首や手指にトラブルが起こったら、アレルギーを疑いましょう。

また、金属アレルギーの人にとってはあご当ての金具も要注意です。ハンカチをあてるなどの対策の他に、チタン材質の金具に交換する方法があります。高価ですので、弦楽器店に常時在庫があるものではありませんが、相談すれば取り寄せてもらえます。

IMG_3764

関連記事

(ヴァイオリンの)曲全体の強弱を考えて

モーツァルト以前の作曲家の楽譜には、強弱記号がほとんどありません。「メロディーの強弱の付け方は書かれ

記事を読む

ヴァイオリン教室の近くの秋景色

朝晩めっきり寒くなってきましたね! 外に出ると秋晴れの秋景色  

記事を読む

良いヴァイオリン

ヴァイオリンは自然の木材から作られている楽器です。 一本の同じ木から切り出された木材を使って、

記事を読む

ヴァイオリンの肩当てをチェック

今日レッスンだったKちゃんの左肩を見に後ろへまわったところ、肩当てがヴァイオリンの裏板にスレスレにな

記事を読む

音楽の基本「音階」

ずいぶん前の話ですが、 「日本へ来て初めて『音階』を知った時、こんなに便利なものがあったのかと

記事を読む

ヴァイオリンとピアノの音色作り

ヴァイオリンは弦を弓でこすって音をだす楽器なので、メロディを歌わせたりダイナミック(強弱)をつけやす

記事を読む

年末年始のヴァイオリンレッスン室

ここ1ヶ月ほどレッスン室に飾ってあったクリスマスツリー。ツリーをライトアップするたびに、なんとも幸せ

記事を読む

クリスマスコンサートに向けて 5

ヴァイオリンの曲の中でも「アイリッシュ(アイルランドの民族音楽)」がお気に入りのMさん。ヴァイオリン

記事を読む

ヴァイオリンのパーフリング

御自身でもヴァイオリンを製作中のOさんは、今日のレッスンに珍しい部品を持って来て下さいました。それは

記事を読む

ヴァイオリンのグレードアップを楽しみに

本当は、最初から「長く使える、ちょっと良いヴァイオリン」で始めたい気持ちもあったKさん。 でも

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner banner
PAGE TOP ↑