ヴァイオリン、アドヴァンスコース

公開日: : 最終更新日:2015/05/18 未分類

今週からレッスン開始のKさんのご希望曲は「バッハ作曲 無伴奏パルティータ第1番」と「ショーソン作曲 ポエム(詩曲)」、それとウォーミングアップのための「マザス練習曲」「カール・フレッシュ 音階教本」。

IMG_3796

この中でショーソンのポエムは、音楽学校の入試課題曲ではなく、どちらかと言えば卒業試験曲にふさわしいレベルのもの。私(講師)も3週間の間に出来る時間はなるべくポエムを練習しましたが(大学生の時に演奏したことはあるのですが)とても難しい曲には違いありませんでした。(講師、気分は必猛練習)

Kさんが「週末の、お楽しみのヴァイオリンの練習なんです。週末のヴァイオリン弾きなんです☺」とおっしゃっていました。

バッハ作曲 パルティータ第1番

3週間の間にKさんは、バッハの「ベーレンライター版」、つまりバッハの原譜を新たに購入し、ご自分で弓付(ボーイング)指使い(フィンガリング)を考えていらっしゃいました!

私自身は恩師に「ベーレンライター版を使って自分の弓付、指使いを考えると良いですよ。」とアドヴァイスを頂いたことがあります。実際やってみると、最初に使っていた「ガラミアン(アメリカの有名なヴァイオリン教師で、ヴァイオリン奏法を飛躍的に簡単確実に発達させた)」のものになってしまい、それより良いものを見つけるのは難しいのは事実でした。

結局、恩師が「ヨーロッパでは、シェリングのものが定評あるようです。」と教えてくださったので、それを元にすることにしました。弓付や指使いを変えると、同じ曲なのにずいぶん表情や音色が違って感じられ、とても新鮮になります。

シェリングのバッハの演奏(CD)は有名ですが、シェリングのバッハの楽譜の弓付指使いとは、ところどころ違っています。

バッハの無伴奏ヴァイオリンソナタ&パルティータは、どのヴァイオリニストも、常に新しい自分の弓付指使いを考えて更新していくものなのでしょう。

Kさんのバッハ:パルティータ第1番の冒頭の和音は、雑音が入らないように弾くのはかなり難しく、腕の柔軟性と俊敏性がポイントになります。左指の音程を取るのも(形が自然ではないので)外れないよう細心の注意が必要です。今回のレッスンではこの部分を丁寧に練習しました。

全体的には、ボーイングもバッハらしく意図的でなく、音がなんとなく膨らんでしまったり、しぼんだりしないように気をつけます。和音は低い音から高い音へ弾くのが基本となるのが最近の常識らしいです。

ショーソン作曲 ポエム

この曲は7ページぐらいあるのですが、1ページ目の数段で次の生徒さんがいらっしゃったので、残念ながらほとんど出来ませんでした。

この「ポエム」の曲について:穏やかで神秘的な序奏で始まり、独奏ヴァイオリンが典雅で瞑想的な主要主題を静かに歌います。やがてほの暗い情熱に満ちたクライマックスが築かれた後、沈静化し、余韻のうちに終わります。1896年に作曲されました。

先ほどのバッハはドイツの曲。ショーソンはフランスの曲です。時代も、バッハが古典、ショーソンは近代ですから、本当に楽器の鳴らし方、奏法、発音の仕方が変わります(変える必要があります)。これから少しずつ一緒に勉強していきましょう!

関連記事

「サマーコンサート」に向けて 8

毎日「サマーコンサート」に参加の生徒さんのリハーサル形式のレッスンが続いています。

記事を読む

ヴァイオリンの音階練習♪

「基礎練習って何ですか?音階と基礎練習は何が違うんでしょうか?」と、Rさん。 ヴァイオ

記事を読む

ヴァイオリンの音階練習

今日もAちゃんは、セヴシックOp.8(ポジション移動の練習)とOp.9(重音練習)、カール・フレッシ

記事を読む

ヴァイオリンレッスン 18回目

今回も「弓の体操」に続き「HAUCHARD」をやりました。「HAUCHARD」の37~40は、最初の

記事を読む

ヴァイオリンレッスン 8回目

MさんもAちゃんも、弓の体操がとても上手になっています。 ついうっかり忘れてしまう生徒さんのた

記事を読む

ヴァイオリンを持たずに楽譜を

楽譜を丁寧に読むことは、とても大切です。 まずは、楽譜に忠実に読んでいきます。楽譜に書かれてい

記事を読む

ヴァイオリン教室近くの桜が

今朝は良いお天気ですね! 当教室近くのバス通りの桜が見頃になってきています。

記事を読む

講師もレッスンを

今朝は、私自身が(音大の先生の)レッスンを受けてきました。 レッスンを受けた曲目は「メンデルス

記事を読む

ヴァイオリン弾きましょう♫

いつも礼儀正しいMちゃんは、今日のレッスンでもきちんと「弓の体操」から始めました。 弓を持つ右

記事を読む

クリスマスコンサートに向けて 4

今回の「クリスマスコンサート」で「アッコーライ作曲 コンチェルト」を演奏する予定のKさん。レッスンは

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner banner
PAGE TOP ↑