ヴァイオリンの音階教本の使い方

公開日: : 未分類

ヴァイオリン教室3 045

ヴァイオリンの音階教本で、もっとも使われている2種類は

「小野アンナ ヴァイオリン音階教本」(写真 左上)

「Carl Fresh Skalensystem (カール・フレッシュ スケールシステム)」(写真 右下)

かと思います。

使っているヴァイオリン教本で、音階が出てきたら、「小野アンナ ヴァイオリン音階教本」を併用していきます。

この小野アンナの音階教本で、重要なページは10ページ。

人差し指の1の指だけでポジション移動をしていきます。ポジションの位置を覚えたり、確認するのにとても良い練習です。

そして、41ページまで一通り弾き終わったら、「カール・フレッシュ」へ進みます。

この「カール・フレッシュ」、140ページを超え、重さも600グラム以上(重いので量ってみました)、価格も税抜き4400円!

そして、初めてその音階教本を開いた人は、またその音符の多さにびっくりです。

音楽教室で一緒のお母さんが、「先生に買うように、というのでカール・フレッシュを購入したのだけれど、こんなの弾けるのかしら?」と、目を大きく見開いていました。

でも、音教のヴァイオリンの先生の話によれば、小学校1年生でも、カール・フレッシュを弾くこはめずらしくないのだそう。

そして、その話を聞いてから、趣味で習っている生徒さんでも(抵抗のない方は)カール・フレッシュをお勧めするようになりました。

最初は楽譜からくるプレッシャーに圧倒されそうになります。

C-Dur(ハ長調)の1番から。始めは1小節づつ、正しい無理のない形と、正確な音程がとれるまで、先には進みません。ポジション移動をする時は特に力が入らないように。ほとんどすべて、1の指を基準に音程をとるように注意します。そして、1小節づつ増やしていきます。

すると、いつの間にか手にその動きがしみ込んでいきます。そして、正しい音程で練習していると、耳も良くなってきます。

 

でも正直、こう書いている私自身、この音階を弾く時間がもったいなく、面倒で弾いていない日が多い時がありました。すると、恩師がスーッと寄ってきて「音階、さらってください。」と、ささやきました。

曲というか、音楽は音階でできている。つまり、音階の正確な音程がその演奏の響きを、より豊かにするのです。

音階練習不足の私の演奏は、相当怪しい響きだったことでしょう。

その日以来、余程のことがない限り、音階しか弾けない日になったとしても、音階練習をするようになりました。

関連記事

生徒さんからオススメの本を

「この本、私の読書の中でベスト3に入るとっても面白い本です。良かったら読んで下さい。」と言って、Mさ

記事を読む

ヴァイオリンケースを

ヴァイオリンの楽器自体を変えなくても、ケースを新しくしたり、付けているキーチャームを変えるだけでも、

記事を読む

明けましておめでとうございます

今年も皆様にとって実りの多い年でありますように!

記事を読む

no image

ヴァイオリンの左手の指 1

ヴァイオリンの左手の指をスムーズに…つまり、分離・独立させるには、ポイントを押さえてトレーニングする

記事を読む

夏真っ盛りの今日

晴天の続く朝。 当教室のレッスン室の窓から見える庭に、一輪の花が咲いています。

記事を読む

ヴァイオリンの左指の基本

今日いらした生徒さんのうち、お二人は「HAUCHARD」の94番を新しくやりました。 この「I

記事を読む

ヴァイオリン譜の奏法

楽譜に出てくる奏法の名称…覚えておくと便利です。 staccato スタッカート 音

記事を読む

暑い日のヴァイオリン練習に

「急に暑くなりましたね!」 と今朝のレッスンのMさん。 「以前購入した 顎当てカバーなん

記事を読む

クリスマスコンサートに向けて 13

先日近くのクリニックで「インフルエンザの予防接種」を受けてきました。 クリスマスコンサ

記事を読む

ヴァイオリンのハーモニクス

ハーモニクスは「弦の上に指を浮かせて乗せて」弾きます。この「ハーモニクス」がきれいに鳴らない時は、次

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner banner
PAGE TOP ↑