今日もカール・フレッシュ(ヴァイオリン音階教本)

公開日: : 最終更新日:2015/01/26 未分類

いつも静かなKさん。ヴァイオリンの練習は、めったなことがない限り毎日しっかり練習しています。カール・フレッシュも2年以上弾いていて、すっかり慣れ、そんなに気負いなくさらっているようです。

Kさんは、とても手の形が良く(ヴァイオリンを弾くのに良い)、つまり、短すぎず、長すぎず。器用で、言われた通りにその場で指の方向を変えたり、間隔の調整をすることができます。左指が一本ずつ広げて弦を音程を確かめながら押さえることができます。練習していたものを、その場で変える。これは結構気持ちの柔軟性と集中力がいります。彼女は幼稚園のころから、かなりの集中力がありました。

写真はカール・フレッシュ音階教本H-Durの9番と10番。フィンガードオクターブといって、オクターブ(高さが違う同じ音名の音)を1と3の指、もしくは2と4で音をとっていく音階。かなり指を広げないと音程が合いません。あと10度(下がドだったら上はミ)。これもすごく指を広げることになります。

ヴァイオリンを習っても、これを正しい音程で弾けるようになる人や挑戦できる頑張り屋さんは少ないかとおもいます。

私も毎日やっていますが、何回弾いても手が、指がピキピキ。でも、それで手が痛くなることはありませんが、余裕はほとんどなしという感じです。

でもでも、Kさんは毎回レッスンで、実にしっかりフィンガードと10度を弾きます。

 

ヴァイオリン教室3 004

関連記事

ピアノコンサートでのヴァイオリン演奏

今日は「松田かおり(妹)ピアノ教室 ピアノコンサート」に参加してきました。来場者が130名を超え、大

記事を読む

雨の日用ヴァイオリンケースカバー

今日は雨の予報が早まって朝から雨。 ピンポーン の音で玄関に出ると、生徒さんのヴァイオリンのケースに

記事を読む

ヴァイオリンをYou Tubeで聴く

昨日はYou Tubeでブルッフのヴァイオリンコンチェルトを聴きました。いろいろな方の演奏が映像つき

記事を読む

レッスンの合間に♪

当教室のレッスン室で行う、講師自身の「ミニ リサイタル」。 アメリカから帰国するまでは、ホール

記事を読む

ヴァイオリンは(ほとんど)変化していない

ヴァイオリン属の高弦楽器の原型が登場したのは1520年代といわれています。ヴァイオリンの製作者「始祖

記事を読む

ヴァイオリンのあご当てと肩当て

あご当ては1820年頃、ドイツの作曲家で名ヴァイオリニストでもあったルイ・シュポーアによって考えださ

記事を読む

一年未満でサードポジション

ヴァイオリンを始めて8カ月でジュニアオーケストラに「ヴァイオリン奏者」としてデビューしたYちゃん。

記事を読む

ヴァイオリンのトリル

ヴァイオリンのトリルを美しく弾くポイントは「トリルを入れる指だけを上下に動かす」ことです。その時、そ

記事を読む

調弦

ヴァイオリンの調弦の工夫

パリ音楽院の先生も「音程を良くするために一番大事なのは調弦をきちんとすることです。」とおっしゃってい

記事を読む

本番間近のヴァイオリンレッスン

年に何度か演奏する機会のあるNさん。今月も、そのうち1つのコンサートが迫っています。 演奏予定

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner banner
PAGE TOP ↑