ヴァイオリンレッスンのスタイル

公開日: : 最終更新日:2017/12/29 未分類

有名なヴァイオリニストであり教師でもあるレオポルド・アウアーは、エフレム・ジンバリスト、ミッシャ・エルマン、ヤッシャ・ハイフェッツ、トーシャ・ザイデル、マックス・ローゼンなどを教えていました。

「どうやってあれほど素晴らしいアーティストを育てたのですか?何か秘密はあるのでしょうか?」

という問いに、アウアーは答えました。「私が何か魔法みたいなことをして教えているなどという説があることは承知しています。なんでも、弓で実例を示して教えてあっさりとジンバリストやハイフェッツを育て上げるだとか。ですが実際は私にはなんら特別あ方法はありません。自然な法則に基づいたまったく自然なラインでの発達を『方法』とは呼びたくないでしょう?だから私の教育には秘密などないのです。私が教育において強調している点は、様々な生徒の中にある個性を決して潰さないことです。生徒それぞれに生まれつきの適性がある。音色や演奏に関して個人的な資質がある。私は常に生徒一人ひとりのことをよく考え、個性に対応してきました。インスピレーションとアイディアは、美の原則やヴァイオリンの原則に反しない限り、自由に自分のやり方で伸ばしていくよういつも促してきました。私がいつも考えていることは、自然がすでに与えているものを引き出すようのを手助けすることであってドラマチックに学生の自然な傾向を、私自身の好きな方向へと強制することではありません…..。弾き方を見ればその人の教師が分かるという説がありますが、私は信じていません。弾き方を見て、アウアーの学生だなどとは分からないと思います。これが私の誇りとするところです。」

 

確かに「ああ、この人は◯◯先生の生徒さんかもしれない」という特徴ある弾き方…それも魅力的だったりします…を見た事も少なくありません。「ヴァイオリンを始めから◯◯先生に教わったよう」「途中から◯◯先生に移ってきたみたい」というのも、あります。

 

アウアー門下は、個性をそのまま伸ばす事が出来るレッスンスタイルでした。

 

 

 

関連記事

「サマーコンサート」を終えて

コンサートに参加するのが初めての方は、想像していた通り(それ以上?)の、自分の緊張に驚かれたかもしれ

記事を読む

ヴァイオリンの美しいボーイング

「ボーイング」というのは、弓で弦をこすって音を出す、この弓の運びのことです。英語では「弓を動かすこと

記事を読む

ヴァイオリンの左指先

弦と指が接する場所は一定ではなく「速いパッセージを弾く時は指を少し立てる」「幅の広いヴィブラートをか

記事を読む

軽井沢「大賀ホール」で

とても嬉しいことに、今年の夏に軽井沢にある「大賀ホール」でオーケストラのエキストラのお仕事をいただき

記事を読む

「サマーコンサート」を終えて 17

今年の「サマーコンサート」では「バッハ作曲 ガヴォット」を演奏したMさん。 お家では

記事を読む

ヴァイオリンレッスン 5回目

今回はいつもの練習に加えて、ヴァイオリンを構える時の立ち方を別の方法での確認をしました。 まず

記事を読む

ニューイヤー・コンサートへ

今日は「前橋 汀子 ニューイヤー・コンサート」へ行って来ました。 前橋汀子さんは、日本を代表する国際

記事を読む

クラッシックコンサートへ行く時は

今日の「中高生新聞」に「クラッシックコンサートを楽しむためのマナー」という記事がありました。

記事を読む

今日は「スプリング・コンサート」です♫

今日は「スプリング・コンサート」です。 (午後1時20分開演予定です。終演は、3時半過ぎになり

記事を読む

ヴァイオリンのハーモニクス

ハーモニクスは「弦の上に指を浮かせて乗せて」弾きます。この「ハーモニクス」がきれいに鳴らない時は、次

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner banner
PAGE TOP ↑