ヴァイオリンレッスンのスタイル

公開日: : 最終更新日:2017/12/29 未分類

有名なヴァイオリニストであり教師でもあるレオポルド・アウアーは、エフレム・ジンバリスト、ミッシャ・エルマン、ヤッシャ・ハイフェッツ、トーシャ・ザイデル、マックス・ローゼンなどを教えていました。

「どうやってあれほど素晴らしいアーティストを育てたのですか?何か秘密はあるのでしょうか?」

という問いに、アウアーは答えました。「私が何か魔法みたいなことをして教えているなどという説があることは承知しています。なんでも、弓で実例を示して教えてあっさりとジンバリストやハイフェッツを育て上げるだとか。ですが実際は私にはなんら特別あ方法はありません。自然な法則に基づいたまったく自然なラインでの発達を『方法』とは呼びたくないでしょう?だから私の教育には秘密などないのです。私が教育において強調している点は、様々な生徒の中にある個性を決して潰さないことです。生徒それぞれに生まれつきの適性がある。音色や演奏に関して個人的な資質がある。私は常に生徒一人ひとりのことをよく考え、個性に対応してきました。インスピレーションとアイディアは、美の原則やヴァイオリンの原則に反しない限り、自由に自分のやり方で伸ばしていくよういつも促してきました。私がいつも考えていることは、自然がすでに与えているものを引き出すようのを手助けすることであってドラマチックに学生の自然な傾向を、私自身の好きな方向へと強制することではありません…..。弾き方を見ればその人の教師が分かるという説がありますが、私は信じていません。弾き方を見て、アウアーの学生だなどとは分からないと思います。これが私の誇りとするところです。」

 

確かに「ああ、この人は◯◯先生の生徒さんかもしれない」という特徴ある弾き方…それも魅力的だったりします…を見た事も少なくありません。「ヴァイオリンを始めから◯◯先生に教わったよう」「途中から◯◯先生に移ってきたみたい」というのも、あります。

 

アウアー門下は、個性をそのまま伸ばす事が出来るレッスンスタイルでした。

 

 

 

関連記事

「サマーコンサート」に向けて 9

今朝は、講師自身も「サマーコンサート」に向けての準備をしています♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪ 先

記事を読む

晴れの日は

今日はスッキリ晴れて、まるで「秋晴れ」でした(^^♪ 気温は夏です(^^;; このところ

記事を読む

ピアノと合わせる時は

当教室で行う、今年の「クリスマスコンサート」もピアニストに来てもらう予定です。このようにヴァイオリン

記事を読む

親子でヴァイオリン

当教室では、親子でヴァイオリンをやっていらっしゃる方が少なくありません。 親子でやるのと、一人

記事を読む

ホール演奏に向けて 5

Cさんの今度のホールでの演奏予定曲は「クライスラー作曲 プレリュードとアレグロ」です。

記事を読む

ヴァイオリンは(ほとんど)変化していない

ヴァイオリン属の高弦楽器の原型が登場したのは1520年代といわれています。ヴァイオリンの製作者「始祖

記事を読む

次回コンサートでは 2

当教室の「コンサート」で、このところ最後(トリ)に演奏のKさん。   今回の「

記事を読む

ヴァイオリンレッスン直ぐに復帰♪

ヴァイオリンレッスンを、生まれて1ヶ月の下のお子様を連れて、ヴァイオリンレッスンを再開なさったM君と

記事を読む

ヴァイオリンの重音(4度)

4度の重音というのは、基(もと)の音を1として、4つ上の音と一緒に弾く和音のことです。基の音が「ド」

記事を読む

ヴァイオリン譜の奏法

楽譜に出てくる奏法の名称…覚えておくと便利です。 staccato スタッカート 音

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner banner
PAGE TOP ↑