ヴァイオリンのボーイング

公開日: : 未分類

ヴァイオリンを手にして弾き始めた初心者の方はもちろん、プロの演奏家も「美しいヴァイオリンの音色」を目指しています。

「美しい音色」は「美しい(正しい)ボーイング」から生まれます。

IMG_8239

このボーイングはどういう動作かを見ていきましょう。まずは全弓の動作です。全弓のイメージができると弓先や弓元の動作を勉強しやすくなります。「全弓」とは、弓の毛の端から端までを使うことをいいます。でも実際には、体格や技能的な理由から、完璧に「全弓」というわけにはいかない場合もあります。ただ、練習を重ねていくうちに(最初は弾けなかった「全弓」が)弾けるようになることもあります。ですから「小さいから」「手が短いから」とあきらめずに「全弓」を目指しましょう。全弓で弾くところでは、「弓の端から端までしっかり使うつもり」で弾いてみて下さい。

ボーイングは、肩から腕全体の運動です。腕を自然に動かすと肩から(コンパスの半円の動きのように)円を描く形になります。これを「良いボーイング」である直線の動作にするには、多少の工夫が必要です。ポイントは肘と手首の位置や高さ、動きです。

元は、弓のフロッグのギリギリ、毛の端っこギリギリまで使います。

よっぽど変わった持ち方をしていない限り、コントロール可能です。もし使っていないとしたら気持ちの問題があるのかもしれません。

元弓ギリギリのところは(圧力が自然にかかりやすいので)確かに良い音が出にくく、良い音で弾くには高度なコントロール力が必要です。

でも、使わなければ上手にならないのも事実。

元弓のガリガリギーギーした音を避けて(元弓を)使わないでいる習慣がついてしまうと、後々大きな壁(つけが大きく?)になってしまうことになりかねませんので、是非「元弓を使う」「元まで弾ける」ようにしましょう。

先弓は、上手に腕の重みを使って弾きますので、先まで弾こうとすると肘が突っ張ってしまう方は、そのちょっと手前まで弓を使います。

真ん中が基本形です。

全弓を弾く時は、中弓(肘が直角)あたりが基本の形に戻ります。弓元や、弓先では、「基本形」が崩れます。崩れるというか、自然に手の形が変わっていきます。変わっても、中弓に戻った時には「基本形」に戻ります。これが戻らない場合は問題です。弓がまっすぐに弾けていて、無駄な動きがなく、見た目にも美しければ、良いボーイングです。

初めのうちはつい張り切って身体に力が入りやすいかもしれませんが、脱力はとても大切です。

弓を持つと、ほとんどの方が右肩に力が入ってしまうようです。右肩が上がっているようでしたら、大きく息を吐くと力が抜けるようです。

弓を弦の上に置いたら、肩の力を抜きましょう。

関連記事

オーケストラ本番

無事終了しました! 何しろ80分を超える曲のため、リハーサルで張り切り過ぎると本番でヘロヘロに

記事を読む

ヴァイオリン教室からの秋景色

今日は晴天。 レッスン室から見える、秋色。 今朝早くから「弦楽器山下」さ

記事を読む

コンサートへ行ってきました♫

今日は久しぶりに(知り合いに誘われて)コンサートへ出かけました。 ロジャー・ターナーはドラマー

記事を読む

クリスマスコンサートに向けて 9

コンサートまで あと11日間! 最後のレッスンが終わった生徒さんもいらっしゃいますが、ほとんど

記事を読む

no image

ヴァイオリン練習曲の代わりに 1

「音楽的にあまり価値のない多くの練習曲にたくさんの時間を割いているのは残念なことっd、音楽的にも優れ

記事を読む

ロッシーニの好物

(私事で恐縮ですが)今日は私の誕生日。 両親が、デパートでご馳走してくれた「大人様ランチ」☺

記事を読む

ヴァイオリン教室の外

レッスン室からは見えないのですが、同じ敷地内の「藤棚」が見ごろです。 その他にも「シャ

記事を読む

ヴァイオリンで「パイレーツ・オブ・カリビアン」

昨日は2年ぶりに、伊豆のピアノの先生‥友人の、ピアノのレッスンに参加しました。 そのピアノの先

記事を読む

Iケース

ヴァイオリンのケース

ケースは消耗品なんだな・・・と思うこのごろ。個人的な選ぶポイント 1、楽器の安全性 2、軽量

記事を読む

今週はヴァイオリン教室もハロウィン♫

毎年、当教室のハロウィンをとっても楽しみにしていてくれているMちゃん。 昨日はヴァイオリンとお

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner banner
PAGE TOP ↑