ヴァイオリンの弓が震えないようにするには?

公開日: : 未分類

先日の生徒さんに「弓が震えるのはどうしてですか?」と聞かれました。
弾いている最中に弓が震えるのは「緊張していたから」とあまり問題に思わないかもしれません。実際は精神的な理由でなく、きちんと自分自身で解決できる問題であったりします。
ゆっくりなテンポで(4分音符が30くらいで、4拍ずつの)ロングトーンを練習します。その時自分がどんな風に弓を持って、ダウンからアップまで、どんな形で手が動いているか、どんな経路をたどって弾いているのか、均等に弓の量を配分できているかなどをチェックしてみます。そして集中していく中で、弓と自分の手を一体化させていく感覚を持ってみて下さい。そうすれば、自然と自分の手に対してより素直な動きを選択できるようになっていきます。余分な力が入っていたり、弓を握っていたりすることがなくなり、弓が安定してきます。
IMG_3169
ロングトーンを練習する時に、弓を持つ右手にも「指使い」を感じて弾いてみましょう。アップ(上げ弓)の場合は、1(人差し指)⇒2⇒3⇒4(小指)、ダウン(下げ弓)の場合はその逆で順に「指使い」があるように感じて、それを順番に使う感覚を持つことで、弓の動きとともに重心が変化(移っていく)のを表現しやすくなります。
つまり、弓と手の一体化がさらに強まって、より安定した動きになっていきます。

関連記事

秋から弾きたいヴァイオリンの曲

日ごとに秋が深まってきました。樹の葉の色を見たり、どんぐりや栗の実などをみつけると「秋だなあ。」と改

記事を読む

レッスン室のピアノ調律

今日は、当教室のピアノの調律をして頂きました。 楽器のメインテナンスをすると、なんだか

記事を読む

ヴァイオリン&チェロでアンサンブル 2

「この曲、先生のチェロと合わせてみたいんです。」 と、Sさん。 Sさんはヴァイオ

記事を読む

ヴァイオリンの弦の張り替え

このところの湿度の変化のせいでしょうか?先週から今週にかけて、生徒さんのヴァイオリンの弦が切れたり、

記事を読む

ヴァイオリンのトリル

トリルを綺麗に鮮やかに(美しく)弾くには? トリルが上手に弾けていない方...かけているのにハ

記事を読む

ヴァイオリンレッスン直ぐに復帰♪

ヴァイオリンレッスンを、生まれて1ヶ月の下のお子様を連れて、ヴァイオリンレッスンを再開なさったM君と

記事を読む

ヴァイオリンの消音

今日の体験レッスンの方の帰り際の質問は「住んでいるところが、防音していないので、静かに音が出せるもの

記事を読む

「真田丸」のヴァイオリン

ヴァイオリンやヴィオラで演奏する機会の多いKさん。 当教室では演奏上達のための「基礎練習」を中

記事を読む

ヴァイオリン曲の仕上げ

今日のRさんのレッスンは「セヴシックOp. 1 」の重音と分散和音からはじめました。この練習は、和音

記事を読む

ヴィオラがだんだん身体に馴染んで

来月早々海外赴任先へ戻る予定のMさん。今朝は5時に起きてから、散歩、ゴルフの打ち放し、それから当教室

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner banner
PAGE TOP ↑