オーケストラの中のヴァイオリン

公開日: : 未分類

昨日もオーケストラに行ってきました。

IMG_2295

先週より練習はしたつもりでも「まだまだ練習不足」。

今回の指揮者のアドバイスを少し。

*メロディーの最後の音の出し方(処理)を丁寧に

*同じ四分音符でも(今回はブルックナー:近代の音楽 この曲のこの楽章のここの部分)この四分音符は、音を抜かずに演奏し、切る寸前ですっと抜くと良い‥つまり、単に四分音符を弾くのでなく、作曲家の意図を考えて音を出す。

*一番盛り上がるフォルティッシモ:非常に強い音で演奏する場所のところは「髪が跳ねる感じで!」(笑)

*ピアノ:小さい音で演奏する場所の、3つの同じメロディーは、最初の2つは「可愛らしく」弾いて、最後の一つは「優しく」演奏して下さい。

など、他の曲でも役立つことがたくさんありました。

来週は演奏会本番の時の指揮者が来ますとの事。楽しみです。

 

何年か前に、「オーケストラの中で、一つの音符に対するギャラが一番安いのはファーストヴァイオリンですよね。」という話をしてくれた指揮者がいました。ユニークなプロのフルーティストで「僕はフルートで良かった。」

確かに同じ曲でもヴァイオリン、特に第一ヴァイオリンの楽譜はページ数が圧倒的に多いです。

管楽器はいつでもコンチェルトのソロみたいに目立ってウラヤマシイと思うこともありますが、オーケストラの中のヴァイオリンは、何回弾いても聴いてもウットリするオイシイところがいっぱい!

普段はピアノとのアンサンブル‥やりとりです。オーケストラに参加すると、オーケストラの演奏仲間、およそ100人との会話(対話)が楽しめます。その会話の中心がヴァイオリンの時間、いっぱいあります。

 

関連記事

新しいヴァイオリンケース

生徒さんからご紹介頂いたヴァイオリンケースを購入しました。 イタリアの木製ですが、2キロほどの

記事を読む

ヴァイオリンを持たずに楽譜を

楽譜を丁寧に読むことは、とても大切です。 まずは、楽譜に忠実に読んでいきます。楽譜に書かれてい

記事を読む

ヴァイオリンの弓の持ち方とサウンディングポイント

どんな曲でも上手に弾けるようになるには、ある程度の時間がかかります。 でも、その曲だけ

記事を読む

ヴァイオリンのロングトーン

「HAUCHARD」の教本の最初の方は、全て白い音符...全音符、2分音符などのロングトーンの練習で

記事を読む

ヴァイオリンケース用楽譜入れ

国内線飛行機の機内持ち込み出来るヴァイオリンケースにも取り付けられる楽譜入れ。ハンドバックとヴァイオ

記事を読む

考えながらヴァイオリンを弾く

ヴァイオリンを弾く時に、楽譜の音符や記号を見ながら自分が演奏している音楽について考えることは、とても

記事を読む

ヴァイオリンレッスン再開♫

プライベートが忙しくなって、数ヶ月ほどお休みなさっていたMさん。 昨日久しぶりにメールで、今日

記事を読む

2019年コンサートの準備

昨日は、実家で妹と来年の発表会のプログラムの打ち合わせをしてきました(2019年6月1日(土)に埼玉

記事を読む

ヴァイオリンの弓使い

「今回の曲では、なるべく弓の幅を多く使うのが目標です。」 と、Mさん。 私達は

記事を読む

ヴァイオリンのロングトーン

今月は、ほとんどの生徒さんに「ロングトーン」にポイントをおいてレッスンしています。弓が自分の身体の一

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner banner
PAGE TOP ↑