アンサンブルにチャレンジ 11

公開日: : アンサンブルを楽しもう

弾き始める時の呼吸を「アインザッツ」と言います。

アンサンブルをする時呼吸によってテンポが作られるので「テンポに対する呼吸」を持つことが大切です。

出だし(冒頭)が大事ですので、各パートのリーダーがアインザッツを出し、全員で気合いを持って呼吸し弾き始めます。

トップのアインザッツに何となく付いていくと、誤差が出て何回やっても合いません。

演奏の途中でも弾く人たち(メンバー)の意識が集まる「空気の休符=ルフト・パウぜ」というタイミングもあります。

このルフト・パウゼは「スビト ピアノ=クレッシェンドから急にピアノ(p)に変わる時の一瞬息を潜めたような静寂のような時のタイミングです。

関連記事

アンサンブルにチャレンジ 7

当教室のアンサンブルがスタートした2000年に、貸し出し用として購入したヴィオラ。

記事を読む

アンサンブルにチャレンジ 3

現在当教室に通っている生徒さんで行われているアンサンブル。もう30年くらいになります。 ヴァイオリ

記事を読む

アンサンブルにチャレンジ 1

2000年からスタートした当教室の「アンサンブル」。メンバーはプロの演奏家から、ヴァイオリンを始めて

記事を読む

アンサンブルにチャレンジ 6

今日は「アンサンブル」の日。 曲目は「バッハ作曲 2台のヴァイオリンのためのコンチェルト 第

記事を読む

アンサンブルにチャレンジ 8

アンサンブルを始める前にするチューニングは、全員キチッと合わせます。 合わせておかないと音程

記事を読む

アンサンブルにチャレンジ 10

今日は今年3回目の「アンサンブル」でした。 曲は「バッハ作曲 2台のヴァイオリンの

記事を読む

アンサンブルにチャレンジ 9

アンサンブルをする時、カウントは必要です。基本的なテンポで、曲全部をカウントしていきます。

記事を読む

アンサンブルにチャレンジ 2

今のところヴァイオリン中心のアンサンブル。当教室にあるヴァイオリン二重奏の楽譜の一部です。 先

記事を読む

アンサンブルにチャレンジ 5

2019年は、当教室の「アンサンブルの年」にする予定です♪ ヴァイオリンの上達具合が近いグル

記事を読む

アンサンブルにチャレンジ 4

当教室に通う生徒さん中心のアンサンブル。毎年少しずつですが、そのアンサンブルの機会が増えています。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner banner
PAGE TOP ↑