アンサンブルにチャレンジ 8

公開日: : アンサンブルを楽しもう

アンサンブルを始める前にするチューニングは、全員キチッと合わせます。

合わせておかないと音程がずれたまま弾くことになるので、丁寧に合わせます。

弦楽器は平均律ではなく「弦の響きで合わせて」います。

日本では、ほとんどのオーケストラはAの音は「442Hz」と決まっています。

Hz:ピッチは、国によって違います。ウィーンは445 Hz、アメリカでは440Hz、ドイツは443Hz などです。

チューニングの一つ目の音(A)は、チューナーやピアノを使って合わせても良いです。

関連記事

アンサンブルにチャレンジ 11

弾き始める時の呼吸を「アインザッツ」と言います。 アンサンブルをする時呼吸によってテンポが作

記事を読む

アンサンブルにチャレンジ 9

アンサンブルをする時、カウントは必要です。基本的なテンポで、曲全部をカウントしていきます。

記事を読む

アンサンブルにチャレンジ 5

2019年は、当教室の「アンサンブルの年」にする予定です♪ ヴァイオリンの上達具合が近いグル

記事を読む

アンサンブルにチャレンジ 4

当教室に通う生徒さん中心のアンサンブル。毎年少しずつですが、そのアンサンブルの機会が増えています。

記事を読む

アンサンブルにチャレンジ 7

当教室のアンサンブルがスタートした2000年に、貸し出し用として購入したヴィオラ。

記事を読む

アンサンブルにチャレンジ 6

今日は「アンサンブル」の日。 曲目は「バッハ作曲 2台のヴァイオリンのためのコンチェルト 第

記事を読む

アンサンブルにチャレンジ 10

今日は今年3回目の「アンサンブル」でした。 曲は「バッハ作曲 2台のヴァイオリンの

記事を読む

アンサンブルにチャレンジ 3

現在当教室に通っている生徒さんで行われているアンサンブル。もう30年くらいになります。 ヴァイオリ

記事を読む

アンサンブルにチャレンジ 1

2000年からスタートした当教室の「アンサンブル」。メンバーはプロの演奏家から、ヴァイオリンを始めて

記事を読む

アンサンブルにチャレンジ 2

今のところヴァイオリン中心のアンサンブル。当教室にあるヴァイオリン二重奏の楽譜の一部です。 先

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner banner
PAGE TOP ↑