ヴァイオリンの調弦

公開日: : 最終更新日:2018/08/23 ヴァイオリンの音程

ヴァイオリンは、演奏する前に「調弦 : チューニング」をします。これは、単純な作りなので、狂いやすい分 合わせやすいという特性を持っています。

調弦を正しく行うのは、音程を良くするために大事なポイントとなります。

調弦が合っていない楽器で練習を重ねていては技術の上達も(音程が不安定になり)良くない影響を与えてしまいます。

弦の種類にもよりますが、練習の途中でも調弦が合っているかをチェックしましょう。調弦は永久的なものではなく、湿度などちょっとした事で変わってしまうことも多いです。

耳の能力を最大限に活用するには、常に耳に意識を集中することが大切です。「調弦をする」ことによって、ある意味では耳のウォーミングアップになるとも考えられます。調弦は楽器を手にとって最初にする作業なので、楽器と一緒に耳も目覚める効果があるかと思います。

なるべく素早く、正しい調弦を目指しましょう♫

弦が狂ったかしら?と思ったら、すぐに調弦する習慣をつけると、いつでも正しく調弦されたヴァイオリンで演奏することになり、より早く左手が安定して、ヴァイオリンの響きも良くなります。

 

Hさんも「調弦」頑張っています♪

関連記事

ヴァイオリンの音程

良い演奏をするには、正しい音程をとる事が欠かせません。音程のとり方は、メロディーを弾く時と重音を弾く

記事を読む

ヴァイオリンで正確な音程を

ヴァイオリンにはギターのようなフレットがないので、自分で音程を作る必要があります。 「正しい音

記事を読む

ヴァイオリン練習曲の代わりに 2

基礎練習も、時間がかかっても楽しい曲で弾きたいというご希望のMさん。  

記事を読む

ヴァイオリン曲の音程を

今回のレッスンで「バッハ作曲 ガボット」を、全体通して安定した良い音程で演奏したJさん。 バ

記事を読む

ヴァイオリンの音程

ヴァイオリンは、弾く人本人が音程を作る楽器です。そのため、その音程をとる技術を習得出来るかどうかが、

記事を読む

ヴァイオリンの重音

ヴァイオリンの隣り合った弦の二つの音を同時に鳴らすのは、左指は難しくても、弓は二本の弦の上に乗せるだ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner banner
PAGE TOP ↑