ホール演奏に向けて 10

公開日: : ホールで弾いてみよう

ホールで演奏する曲は、普通の部屋で弾く時よりも「明確な発音」「弦を響かせる」ことに気をつけて練習します。

 

速いパッセージは「自分で全ての音がきちんと聞こえている」状態になると、客席の聴衆にも きれいに届き(聞こえ)ます。

この練習方法は、まずはテンポを落として、ゆっくりさらうことからスタートします。ゆっくり弾く事によって音符が頭に入ってきます。

それでも上手に弾けない場合は、手に力が入っているのかもしれません。例えば今までに そんなに速く弾いた事がなくて緊張してしまったのであれば、ゆっくりから少しずつテンポを上げていけば弾けるようになると思います。

「こんなに速く弾けるかしら?」という不安で身構えているのでしたら、まずは自分の弾けるテンポで弾けば良いのだと考え、リラックスして弾ける速さまで落として練習していきます。安心して弾けるテンポは、練習回数によって段々と速くなる場合が多いです。

技術の習得に抜け道はありません♫

 

 

関連記事

ホール演奏に向けて 2

「コンサートホールで演奏する」となると、レッスンは(やっぱり)変わります。 まずは、音程も「よ

記事を読む

ホール演奏無事終了♪

今日、予定より早く晴れたお天気に感謝(*^^*) ホールに集まった生徒さんたちは、それぞれ緊張

記事を読む

ホール演奏に向けて 11

コンサート回数を重ねる度に、ヴァイオリン演奏が上達しているRさん。 今回のレッスンも「

記事を読む

ホール演奏に向けて 9

「久しぶりにヴァイオリンを弾くので、基礎練習からお願いします。」というHさん。 今日の

記事を読む

ホール演奏に向けて 14

ホール演奏に向けてのリハーサルが続いています。 レッスン室でもヴァイオリン演奏する向きを変えた

記事を読む

ホール演奏に向けて 13

ホールでの演奏のリハーサルスタイルのレッスンが始まっています。 今日は、ピアニストのNさんにも

記事を読む

ピアノ発表会で演奏

今日は講師の妹:松田かおりのピアノ発表会で演奏させて頂きました。 演奏曲は「クライス

記事を読む

ホール演奏に向けて 6

所属するオーケストラの演奏会を終えたばかりのMさん。 「ホールでの勉強会に参加させていただきた

記事を読む

ホール演奏に向けて 12

今日はゴールデンウィークの真っ最中。 講師自身も「ホール演奏に向けて」準備(練習)中です。

記事を読む

ホール演奏に向けて 8

今回のホールでも、アイリッシュ(スコットランド地方の民族音楽)の曲を演奏予定しているSさん。予定曲目

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner banner
PAGE TOP ↑