「 ヴァイオリンの小話 」 一覧

私もヴァイオリンアゴ当てカバーを

「ヴァイオリンのアゴ当てカバー、私も購入しました。」 と、Aさん。 「アゴの当たりが柔らかくなりました。ハンカチの時よりはズレずにすみます。」 色は黒なので

続きを見る

ヴァイオリンのドラマ:G線上のあなたと私

今日レッスンのCさん。 「クリスマスコンサート」に向けての準備もしていらっしゃいます。 「そういえば、先週からヴァイオリンのドラマ『G線上のあなたと私」が始まりましたね!」

続きを見る

弓の持ち方

弓の持ち方は(「ロシア式」「フランコ・ベルギー式」「ドイツ式」などがありますが)当教室を含め日本では「中指のところに親指がくる持ち方」が一般的です。 弓は、人差し指と薬指(または小指)と親指の

続きを見る

ヴァイオリンのアゴ当てカバー

昨日レッスンにいらしたAさんのヴァイオリンのアゴ当てに、茶色のカバーが付いていました。 「ネットで見つけて購入しました。とても快適です。素材は、豚だったかと思いますが革製です。」

続きを見る

ヴァイオリンを鳴らす

最も大切なのは「弓がまっすぐ弾ける」ということです。 弦楽器は、弦を摩擦して音を出す楽器です。音を出すシステムはこれ一つしかありません。 そのため、無駄(ロス)の一番少ない速度と重力で弦

続きを見る

PAGE TOP ↑