「 音楽歴史の小話 」 一覧

近代の西洋音楽 3「新古典主義音楽」

2019/09/26 | 音楽歴史の小話

「新古典主義音楽」は、ロマン派音楽、印象主義音楽、表現主義音楽を否定するところから始まりました。 これらの音楽が持っている「過剰なもの」に対して「簡潔で軽快な」音楽を求めました。その結果過去の

続きを見る

近代の西洋音楽3「表現主義音楽」

2019/09/09 | 音楽歴史の小話

ドイツで20世紀初頭に生まれた「表現主義」は、人間の内面と主観的な感情を描こうとしています。 「表現主義」は「印象派」との対立で生まれました。絵画、文学、音楽など様々な分野に広まりました。

続きを見る

近代の西洋音楽 3「印象主義音楽」

2019/08/29 | 音楽歴史の小話

「印象主義音楽」は、20世紀初頭にフランスで生まれました。 音楽で気分や雰囲気を表現しようとしたことfが風景の印象や雰囲気を表現したモネなどの「印象派」の絵画を連想させて名付けられました。(「

続きを見る

ロマン派の音楽 6

2019/05/31 | 音楽歴史の小話

ブラームス(1833〜1897)は、音楽で音楽以外のものを表現しようしなかった作曲家です。 ドイツのハンブルクに生まれたブラームスは、ベートーベンやJ.S.バッハを崇拝して、伝統的んs形式を守

続きを見る

ロマン派の音楽 5

2019/05/31 | 音楽歴史の小話

ロマン派の時代「標題音楽」が現れました。 「標題音楽」とは、詩や物語、情景や思想歴史上の事件などを音楽で表現したもののことです。 リストやR・シュトラウスなどの作曲家は、作品に音楽以外の

続きを見る

PAGE TOP ↑