「 ヴァイオリンの音程 」 一覧

ヴァイオリンの音程

ヴァイオリンは、弾く人本人が音程を作る楽器です。そのため、その音程をとる技術を習得出来るかどうかが、とても大切なポイントになります。 その音程を安定させるための練習方法は、音階以外にはありません

続きを見る

ヴァイオリンの調弦

ヴァイオリンは、演奏する前に「調弦 : チューニング」をします。これは、単純な作りなので、狂いやすい分 合わせやすいという特性を持っています。 調弦を正しく行うのは、音程を良くするために大事なポイン

続きを見る

ヴァイオリンの重音

ヴァイオリンの隣り合った弦の二つの音を同時に鳴らすのは、左指は難しくても、弓は二本の弦の上に乗せるだけですので、そんあには難しくありません(でも、左手が難しくて弓を持つ手にも力が入ってしまい…という事

続きを見る

ヴァイオリンの音程

良い演奏をするには、正しい音程をとる事が欠かせません。音程のとり方は、メロディーを弾く時と重音を弾く時では違いがあることを知っていると役に立ちます。メロディーの音程のとり方で重音を弾くときれいに合いま

続きを見る

ヴァイオリンで正確な音程を

ヴァイオリンにはギターのようなフレットがないので、自分で音程を作る必要があります。 「正しい音程」を身につけるには、自分の音をよく聴きながら「音階練習」を繰り返して、指の感覚とシステム(指の並び

続きを見る

  • banner banner banner banner
PAGE TOP ↑