「 ヴァイオリンの音程 」 一覧

ヴァイオリンの音程 2

ヴァイオリン(弦楽器)の音程は指板の上に築かれていきます。 ハイポジションの学習にあたっては、まず指板の低いところに基準音(多く場合は1の指:人差し指)を確保し、ここを手掛かりとして上への音を

続きを見る

ヴァイオリンの音程

ヴァイオリンを正しい音程で弾くためには音感が良い方がいい、というような事がしばしば語られます。 確かに、自分の出した音の高さが正しいかどうかは、耳で判断するしかありません。 しかしヴァイ

続きを見る

ヴァイオリンの音程

「音程」とは、本来「2つ以上の音の違い」を表します。 「音程が良い」「音程が悪い」とは、ふたつの音の関係が「正しい」「正しくない」ということです。つまり、弾き始めの音を間違えた時に「音程が悪い

続きを見る

ヴァイオリン曲の音程を

今回のレッスンで「バッハ作曲 ガボット」を、全体通して安定した良い音程で演奏したJさん。 バッハの曲は特に音程が目立ちやすく、丁寧な音程練習が必要になります。 「先週まで、ヴァイ

続きを見る

ヴァイオリン練習曲の代わりに 2

基礎練習も、時間がかかっても楽しい曲で弾きたいというご希望のMさん。   取り組んでいるのは「モーツァルト作曲 メヌエット K.64」です。 この曲の楽譜の

続きを見る

  • banner banner banner banner
PAGE TOP ↑