ヴァイオリン(楽器)なしで出来る練習の仕方

楽器で練習するに越したことはないですが、場所や時間、環境によって楽器が使えない時もあります。

楽器が弾ける状態でも、楽器を持たずにやった方がよい練習もあります。

ちょっとした時間を使って出来るイメージトレーニングを、いくつかご紹介します。

1.ヴァイオリンの構え方のトレーニング

ティッシュボックスを、ヴァイオリンの代わりに肩に載せ、あごを引くように下ろして箱を「構え」ます。はさむイメージではなく…つまり力で挟み込むのではなくて、力が抜けた状態で「載せるだけ」です。

IMG_3542 IMG_3543

 

IMG_3539

 

IMG_3541

ヴァイオリンは、基本形をしっかり身につけてから(身体に叩き込んでから)音を出すと上達が約束されている楽器です。音を出すのは、まず力を抜いて、楽器を構えて、というところまでを練習してから、が大切です。

一番大事なのは「正しい持ち方」です。

正しい構え方は、まっすぐにした状態から楽器のネックの方向を向き、あごを落とすだけ。うなずくのと一緒で、押さえたりしないことです。

2.弓の持ち方のトレーニング

六角形の長めの鉛筆を用意します。

右手をフワ〜っと広げて、手のひらを天井に向けます。

鉛筆を末関節(第一関節)の上にのせて、親指を鉛筆の上に置きます。

IMG_3546

そのままひっくり返します。

さらに、親指の先を、ほんの少しだけ動かします。指先で、鉛筆を転がすような感じです。

この時の「あそび」が、弓の返しの時に役立ちます。

 


公開日:

PAGE TOP ↑