9月22日

1800円の雑誌を買うなんて人生初めて間違いなしでした。音高生の時から知っているヤマハの楽譜売り場の女性が「最後の一冊なんですよ。買っておくと良いですよ。」と教えてくれて即買った雑誌の名前は「ヴァイオリン&ヴァイオリニスト 古今東西の名手と名器たち」。パラパラとページをめくると、学生の頃憧れた様々な演奏家・・・音楽はもちろん見かけも素敵だった演奏家がそれぞれ貫録がついていて、もう目が釘付け!第一章にはヴァイオリン誕生の歴史などものっていて、面白そう。とにかく読むのが楽しみです。


公開日:

PAGE TOP ↑